木工

子供用三段ベッドを2x4を使ったDIYで自作しよう! ~組み立て手順と塗装

さくや(@sakuyakonoha77)です。

子供用三段ベッドを2x4で自作 ~初心者でもできる賃貸DIY

2x4を使ったベッドの作り方をご紹介します。試作品の作り方、設計方法、組み立て方について詳しく説明しています。特に安全性、耐久性が気になる方にお勧めです。

続きを見る

以前の記事で子供用三段ベッドの設計を行いました。今回はいよいよ組み立てにとりかかりましょう!

三段ベッド作成で必要となる材料

三段ベッドを作る際には、木材のほかにも必要な材料がありますので洗い出しをしておきましょう。

ビスのお勧めは『コーススレッド』

ビスは、いわゆるネジのことです。

木材と木材を接合する方法は『木ネジ』『ボルト』『釘』『組手』『接着剤』などいろいろあります。ボンドだけでくっつけてしまうという方法もありますが、耐久性に限界があるためベッド製作では不十分です。

今回の三段ベッドは体重を支える必要がありますので適切なビスが必須になります。最初はビス売り場で何を買っていいのか迷いますが、DIYで家具を作ろうと思うならば

コーススレッド

と覚えておけば間違いないです。

コーススレッドは『コース(ねじ山)がスレッド(粗い)』 という特徴があり、通常の木ネジなどと比べると

  • 木が割れにくい
  • 早く打ち込める
  • 木をがっちり接合できる

というメリットがあるビスです。

『木ネジ』『タッピングねじ』など似たようなネジはいろいろありますが『コーススレッド』とは異なるものなので注意してください。

ビスの必要数を見積もる

大型家具になると、ビスの消費量もかなりのものになります。組み立てている最中にビスが不足すると切ないので、あらかじめ必要量を見積もっておきましょう。

さくや
ちなみに今回の場合、ビスの数が多くなる原因はすのこだったりする

設計図を細かく見ていき、何mmのビスを、何本使うのかを数えていきます。ビスの長さは使用部位によって変わりますが、『板厚の2倍~2.5倍』が目安です。

わかりやすく、ネジが見えるようにしてみた

12mmのすのこ板を2x4 SPF材に打ち付ける場合は、ビスの長さは24~30mmが目安ですね。2x4 SPF材同士をつなげるときは、75mm以上の長いビスを使うことになります。

床板や柱など、ある程度まとまりごとに数を数えて、それを何倍・・というふうに考えると簡単でしょう。

ビスに限らず、消耗品はある程度まとめて購入した方が割安になることが多いので少量で買うのか、箱買いするのか・・も考えておいてください。

木ダボ

2x4 SPF材を連結する部分で使用します。こんなのです。

たくさん使うものではないので、必要本数のみ、少量をホームセンターなどで買えるといいですね。

なお、ダボ継ぎがどうしても難しいようであれば金具を使って固定するという方法でもいいと思います。

塗料

塗料については完全に自由です。

さくや
塗装なんかしなくても、実は全然問題ないです。見た目とか、こだわりの問題です。

もし塗装するのであれば、どの程度の量が必要なのかは考えておく必要があります。

caDIY3Dで設計していれば、表面積は左上に表示されています。あとは使用する塗料と、その塗料で塗装できる面積(塗料ごとに記載があります)を参考に、どの程度の量を買う必要があるのかを見積もっておいてください。

ちなみに私は、ラワンベニヤ合板部分はペンキで薄く塗装し、SPF部分はすべて蜜蝋クリームのみで塗装しました。オイルステインやBRIWAXなどを使って男前に仕上げるのもいいですね。

三段ベッド組み立てに必須となる道具とおすすめ

電動ドライバー、もしくはインパクトドライバー

電動ドリルドライバー、もしくはインパクトドライバーは必須です。一般的にはインパクトドライバーがいいとされていますが、電動ドライバーでも全く問題はありません

私の愛用ドライバーはこちらです。

もし、電動ドリルドライバーとインパクトドライバ、どちらにしようか迷っている方は次の特徴を参考に選択してみてください。

電動ドリルドライバーの特徴

  • 微妙な力加減ができるので、丁寧な作業に向いている
  • クラッチがあるため、うまく使えば木材の割れやビスのめりこみを防ぐことができる ※インパクトドライバーにはクラッチが無い
  • 動作音はとても静か
  • インパクトドライバーと比較するとパワーは低めのため、大きな木材に長いビスを打ち込むのは苦手

インパクトドライバーの特徴

  • パワーがあるので、大きな木材に長いビスを打ち込むのに向いている
  • ビスやビットが多少ナメていても大丈夫、強引に打ち込むことができる
  • 動作音は大きい
  • 力加減が難しいため、ビスが木にめり込むのは日常茶飯事

なお、電動ドリルドライバーにはAC(コンセントから電源を取る)タイプと、バッテリータイプがあります。ACタイプは軽く、充電を気にする必要が無いため私も愛用していますが、コンセントから電源を確保することができない現場やケーブルが邪魔になるようであればバッテリータイプを選択するといいでしょう。

もし電動ドリルドライバーのみで作業をするならば以下の点に注意してください。

  • 下穴はしっかりあける
  • ドライバービットは摩耗したら交換する
  • 電動ドリルドライバーが熱くなってきたら、冷めるまで休憩

意外と忘れがちなのが、ドライバービットの摩耗です。ドライバービットの先端が丸くなっていると電動ドリルドライバーは力を発揮できないので(インパクトドライバーなら多少は大丈夫)、どうも空回りが多いな・・と感じたらドライバービットを新品に交換しましょう。

電動ドライバーもインパクトドライバーも、ホームセンターでレンタルすることができますので持っていない方はレンタルで利用することもできます。

ドライバービット、下穴用ドリルビット

上ですでに触れていますが、ドライバービットとドリルビットも必須です。

コーススレッドを使うならこちらのドライバービットがあれば十分です。

下穴用のドリルビットは一般的なドリルビットセットでもいいのですが、2x4を連結するときはかなり深い穴をあけることになりますのでテーパー(先細りの形)になっている長い下穴用ドリルビットがあると便利です。

なお、下穴用ドリルビットは、連続して使うと熱くなり、焼けこげてもろくなることがあります。最悪、穴をあけている最中に折れてしまいます。

さくや
連続でなくてたった一回でも、木材の中で回し続けると熱くなってしまうんだよね。穴を開けたらすぐに引き抜くのが大事

ドリルビットを触って熱く感じるようなら、冷めるまで待ってから作業を再開することをお勧めします。

ダボ穴用ドリルビット

今回のベッド製作ではダボ継ぎを行う部分があります。ここではダボ穴用の8mmの穴をあける必要がありますので、そのためのドリルビットが必要です。

なお、ダボ穴用のドリルビットを買うときは必ず『先三角』という記載があるものを使ってください。

『先三角』という記載があるドリルビットは任意の深さで止めることができるのですが、通常の『木工用』ドリルビットは勝手に前進しながら掘り続けてしまうため途中で止めることができません。

購入する場合はよく確認しましょう。

サンドペーパー(紙やすり)

サンドペーパーも必須です。特に子供が使う家具なので木材の表面については気を遣う必要があります。トゲが刺さったりしないよう、できるかぎり木材の表面は磨いてあげたいところです。

SPF材を主に使うなら、サンドペーパーは#80#150#240が数枚ずつあれば十分です。

塗装にこだわらない限り、通常の木工では#400以上を使うことはあまりありません。

あれば便利という道具

ここからは、あれば便利という工具を紹介します。

今回の三段ベッドでは木材カットをすべてホームセンターでお願いできるので、実は以下のような道具は無くてもなんとかなります。持っていない場合、無理に買う必要はありません。

さくや
これらの道具は木工においては極めて重要!・・なんだけど、今回は詳細は割愛します。詳しい紹介は別の機会にね

ノコギリ

持っておいた方がいいのですが、木材カットをホームセンターに任せるなら出番はないかもしれません。

曲尺(さしがね)、スコヤ、コンベックスなど

DIYをする上では必須なのですが、今回はとくにこだわりません。手持ちの定規やメジャーで十分でしょう。

クランプ

これもDIYと木工では必須の道具なのですが・・三段ベッドを作るだけなら必須ではないですね。あれば便利という程度です。

さくや
手すりとかはしごを作るときに、あれば便利かな。無いならないでボンドをうまく使うか、家族や子供に押さえてもらえばいいだけ!

ドリルガイド

主に、ダボ穴を垂直に開けるときに使用します。

これがあれば、正確に、垂直かつ一定の深さのダボ穴をあけることができます。しかし今回の三段ベッドの場合、そこまで精度は必要ないので無くてもなんとかなります。

ドリルガイドは、この記事でも使用していますのでご参考にしてください。

柱の完成!
子供用学習机と本棚(※3人分)をまとめてDIY! 《2.柱、幕板、前脚の加工編》

子供用学習机の柱、幕板、前脚を作ります。手ノコによる相欠き継ぎ、ダボ継ぎによる幅はぎの方法なども紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

続きを見る

(電動)サンダー

サンドペーパーをかける手間を省いてくれる電動工具です。多少音が出るので近所迷惑にならないかと心配なのですが、大量の木材にサンドペーパーをかけるときはこれを使うと便利です。

水平器

水準器、レベルとも言います。水平を確認するための道具です。今回のベッド製作では必須とまではいかないかなと思います。

さくや
今回のベッドっでは、足の長さはホームセンターのカットで正確になるから床板が傾くことはないはず。傾くとしたら手すりだけど、べつに多少傾いても困らないよね

私が使用しているのはこちらです。

塗装道具

これは使用する塗料に応じて変わります。

ペンキ用ハケ、ニス用ハケなどありますが、細かい仕上がりにこだわらないなら100均のスポンジでも十分に代用できます。

ちなみに、私は100均で売られているサイコロ状の『落ち落ちVキング』(いわゆる劇落ちくん)を愛用しています。

さくや
気軽に使い捨てにできるというのが本当に便利!オイル系もワックス系も水性塗料系もこれでOK!

ワックスを使うなら、仕上げ磨き用にぼろきれがあるといいですね。

さて、必要な材料・工具はこのくらいかなと思います。いよいよ、実際の組み立てに取り掛かっていきます!

材料の調達

まずは、材料を買ってきます。caDIY3D-Xでプリントした木取り図を片手に、ホームセンターでショッピングを楽しみましょう。

さくや
ホームセンターでの買い物ほど楽しいものは無いですね~♪ベッドを作るって言うと、ホームセンターの人でも驚かれます。

数が多いし重さもあるので大変だとは思いますが、がんばってください!なんとかして自宅まで持ち帰り、部屋の隅にでも積んでおきます。

さくや
見ての通り、子供部屋の隅です。見えているのは子供の布団。ちょっとせまいけど、あと数日でベッドができるから我慢してね!

もし床が傷つきやすいようなら、シートなどをあらかじめ敷いておくといいと思います。あと、重たいものを持つときは腰に気を付けてくださいね。

組み立て前の準備

本来は、材料調達の後は木材を切る作業になるのですが、今回は材料をすべてホームセンターでカットしている前提で話を進めます。

材料の確認

まずは、買ってきた材料がすべて揃っているかを確認してください。

設計図と木材を突き合わせて、数が足りているか、サイズがあっているかを確認します。木材を大きさの順に並べたり、一つ一つにラベルを張っておくとこのあとの作業がはかどります。

子供がいれば、子供にも手伝ってもらいましょう!

材料を確認!張ってあるのは緑の養生テープ。
さくや
部品数が多いと、思った以上に高い確率でミスが出ます。部品がたりないとか、カットしてもらったサイズが違うとか、そういうことが実際にあるんですよ。要注意です。

材料が揃っていることが確認できたら、次にすることは『サンディング(サンドペーパーがけ)』です。

サンディングとは

サンディングとは、サンドペーパー(紙やすり)をつかって木材の表面をすべすべに仕上げる作業です。

これをすることで、素手で触っても気持ちのいい、安全な家具に仕上がります。塗装したときの美しさにも大きく影響します。

ホームセンターで販売されている 2x4 SPF ならば、#150で表面を整えて#240で仕上げれば十分です。もし木材の表面がガサガサに荒れているようであれば#80を使ってみてください。

さくや
ちなみに、ホームセンターに行けば大きいサンドペーパーが一枚数十円で買えます。Amazonより安いから、見てみるといい。

サンディングのタイミング

今回は最初にサンディングをしてしまいますが、サンディングのタイミングについては大きくわけて二つの考え方があります。

  1. 木材をカットした後、組み立てる前にサンディングする
  2. 組み立てた後、塗装の直前にサンディングする

1番は、部品がバラバラなのでサンディングしやすいというメリットがあります。逆にデメリットは、サンディングの必要がない場所(角など)を削ってしまい仕上がりが悪くなったり、組み立てている間に傷やボンドがついたりすることですね。

2番はその逆で、傷やボンドを削り落としてきれいに仕上げることができます。デメリットは、作るものの構造によってはそもそもサンディングが不可能な部分が出てくることです。

さくや
たとえば箱の内側とか。組み立ててしまったら、サンディングは難しいよね?

本格的な木工をする場合は、2番は必須です。塗装に大きく影響しますので、こだわるときは相当こだわります。

しかし今回作るのは三段ベッド、多少の傷があっても気にならないはずだし、子供が使うので傷だらけになります。

というわけで今回は仕上がりはあまり気にせずに、組み立て前にサンディングを行うのがおすすめです。

サンディングの際は粉塵に注意

サンディングで、仕上がり以外にもう一つ気を付けなければならないのは『粉塵』です。

削った粉は空中に舞ってしまうので、目や鼻に木くずが入ってきます。ぜんそくがある子供だととても辛いので、できるだけベランダなどの屋外で作業を行いましょう。マスクをつけるのもおすすめです。

ベランダでサンディング
さくや
部屋に木くずがたまると、家族に怒られる可能性大だしねw ただしベランダで作業するときは、洗濯物と布団に注意して!

前回もご紹介しましたが、大量の木材をサンディングするときは電動サンダーを使うと便利です。サンドペーパーを電動サンダーに取り付け、電源を入れれば自動で振動してサンディングしてくれます。パワーもそれなりにあるので、かなりの時短になります。

さくや
電動工具を極力使わないのがポリシーの私でも、こればっかりは買ったほうがいいと言わざるを得ない。これがないと、サンディングは苦行になるから。。

買ってきた木材の表面をすべてサンディングしたら、次はいよいよ組み立てです。

組み立て

ここからは、準備した木材を組み立てていきます。組み立ての順番はやりやすい順番で大丈夫ですが、おおむね設計のときと順番と同じになると思います。

床板の枠を作る

まずは、 2x4 SPFで床板の枠を作ります。

ここで一つお詫びさせてください。。

下穴のあけ方とか電動ドリルの使い方など 詳しく説明したかったのですが、実はこの当時、あまり写真を撮っていなかったのでお見せすることができないのです。

さくや
当時はブログを始めるとは思ってもいなかったものだから・・

すみませんが、道具の使い方の詳しい説明は割愛させてください・・もし要望があれば、道具の使い方は改めて写真を撮りなおしてアップさせていただきますm(_ _)m

床板枠の三段重ね

設計書を見ながら木材を組み合わせて、ビスを打っていきます。

この時、ビス用の下穴はしっかりあけましょう。ビスをまっすぐ打ち込み、木が割れるのを防ぐという意味もありますが、本当に重要なのは電動ドライバーのオーバーヒートを防ぐことです。

さくや
2x4に長いビスを打ち込むのは、電動ドライバーは苦手。下穴をあけて補ってあげてください。インパクトドライバーを使うならガンガンやっちゃってよし!

また、今回組み立てたベッドはいつか分解することを想定するので、ボンドは使いません。

ちなみにこのとき、木枠はけっこう歪みます!ポテトチップみたいに、ぐにゃりと。上の写真ではおもりを乗せて押さえつけていますが、あまり気にしなくても大丈夫です。最後にはちゃんとした形になります。

床板に柱を取り付けて、三段にする

次に、床板に短い方の柱を取り付けて三段に組み上げます。

三段に組み上げたところ

床板と床板の間に、短い柱が挟まっているのがわかるでしょうか。ここが、ダボ継ぎでつないでいる部分です。

さくや
ダボ継ぎの写真も残ってないんです。。ごめんなさい。もし要望があれば、それだけで記事を一本書きます!

なお、床板の枠部分はあらかじめペンキで塗装しておきました。薄ピンクにしています。完成後にチラッと見える、アクセントカラーです。

床板を張っていく

枠が組みあがったら、すのこを置いてビス打ちしていきます。

すのこを置き置き。

もうこのころになったら子供も総動員です。家族みんなでワイワイ作業すると楽しいですね!

こどもは高いところが大好き

そして柱と床板周りのフェンスを取り付けて、ベッドの大枠ができました。

だいぶベッドらしくなってきた

はしごづくり

ベッドと並行して、はしごも作っていきます。

はしご製作中

はしごは、ベッド以上に耐久性が必要なのでしっかりボンドで固定します。足で踏むことになる棒は左右それぞれに二本のビスを打つようにしましょう。ビス一本だけで固定すると棒がくるくる回転してしまいます。

また、ここはできるだけ直角にも気を遣いたいところですね。写真で使っているのは指金と留め型スコヤです。これがあると正確な直角を作れます。

写真のようなクランプがあるなら、
ボンドで接着(クランプで固定)⇒下穴をあける⇒ビスを打つ
という順番で組み立てるといいと思います。

クランプがないなら、
下穴をあける⇒ボンドを付けて、すぐにビス打ち
という順番で組み立てたほうが作業しやすいです。

はしご出来上がり(上下逆!)

はしごは着色したかったので、WATOCOオイルのナチュラル&チェリーのブレンドで薄く色づけし、BRIWAXのアンティークマホガニーで仕上げしています。

はしごと手すりを取り付け

さいごに、はしごと手すりをとりつけて、組み立て完了です!

完成!

手すり部分は、当初の設計とは少し変えておしゃれ(?)にしてみました。手すりの数が減っていますが、子供の頭が通らない間隔になるよう注意しています。

また、詳細は割愛してしまいましたが、各床板の両端のすのこは、柱の形に合わせて切り欠き加工しています。

あとは、子供用に、足元に2段の棚を作っておきました。

塗装

塗装作業については、すみません、写真は一枚も残っていないです。

とはいえ、やることは単純です。すきな塗料を使って、好きなように塗りましょう!

さくや
子供は大喜びでお手伝いしてくれます。一人でやるとしんどいので、みんなでやるといいですね!

私は天然の木目を残したかったので、蜜蝋ワックスで磨くだけにしました。色を全く変えないまま、すべすべにすることができます。

製作記念のお絵かき

さいごに、家族みんなで思い思いに落書きをしましたw

お絵かきする少年3歳
こちらは5歳の娘の作品。かるた(百人一首)が好きなんです。

子供用三段ベッドの完成!

最後にマットレスを敷いて、三段ベッドの完成です!

子供用三段ベッド

いかがだったでしょうか。

記事の中で不明点がありましたらコメントでもtwitterでも構いませんので遠慮なくご連絡ください。

さくや
コメントいただけると励みになります。ぜひよろしくおねがいします!

さて、以上でベッド作成記事も終わりとなりました。ここまで読んでくださってありがとうございました!

《番外編》ベッド下収納の活用方法

今回作成したベッド下は、ベッド下用の収納を作って最大限に活用します。

しかし市販のケースでは空間全てを活用することができませんので、ぴったりのケースを自作しました。部屋の収納力が上がりますので、ベッド下収納も視野に入れながらベッドの作成をしてみてください。

部屋の収納力を圧倒的に増やす!ベット下にぴったりの大容量収納ケースの作り方《設計図》

ベッド下を活用したい、でもぴったりなケースは無いし、購入するお金も節約したい。そんな方は、かんたんDIYで実現してみませんか?この記事ではキャスター付き収納ケースの設計方法について詳しく紹介します。

続きを見る

ベッド下を有効活用
部屋の収納力を圧倒的に増やす!ベット下にぴったりの大容量収納ケースの作り方《製作編》

こんにちは、このはです。 以前、ベッド下収納の設計について紹介しました。今回はその続きで、組み立てについて紹介します。 ...

続きを見る

《さらに番外編》子供用学習机と本棚の作り方

子供用3段ベッドを作ったら、次は子供用の学習机が欲しくなります。一部屋に市販の子供机三つは置けないので、これも当然DIYで作ります。

部屋の壁を利用して学習机、本棚、ランドセル置き場、目隠し収納を作ってしまうこちらのDIYは三段ベッドとの相性が抜群!ぜひご覧ください。

子供机はこちら
完成!
子供用学習机と本棚(※3人分)をまとめてDIY! 《1.設計編(設計図付き)》

子供用の『学習机』『本棚』『収納』をそれぞれ買うのは大変。子供3人分ならなおさらです。場所もコストも節約したいのならDIYで作るのが一番!設計図付きで学習机と本棚の作り方を詳しく紹介します。

続きを見る

さくやこのはでオリジナルキャラを作ってみませんか?

SNSやブログで使えるオリジナルキャラを作成します 小物・表情差分・文字入れ無料☆趣味や職業にあわせてデザイン可
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さくや

DIYと木工と刃物研ぎとキャンプが趣味のシステムエンジニア。賃貸住宅でもできるDIYをメインテーマに、DIY特化ブログを運営しています。 相方のこのはは記事作成の他にブログのイラストを担当。ココナラとスキルクラウドで出品もしています。ぜひご利用ください

-木工

Copyright© さくやこのはのDIY , All Rights Reserved.