木工

ボックスシェルフDIYで実践!初めてのDIYでも失敗しない①設計図の書き方

設計図の書き方

こんにちは、このはです。

このブログも2周年を迎えようとしています。

ここで一度初心に返って

『初めてDIYをするときに気を付けたこと、考えたことを』

を思い出しながら、ボックスシェルフ作成の様子を数回に分けて紹介します。

ぺんき
ホームセンターで日用品しか買ったことのなかったころに戻ったつもりで、ボックスシェルフを作るってことだね!
最後にノコギリを使ったのは中学の技術の授業…なレベルからのスタートでした
このは

それでは第一回目。

これがなくては始まらない、設計図の書き方を紹介します。

作りたいものをイメージする

『作りたいものを片っ端からイメージする』

実はこれが一番大事じゃないかと思います。

ぺんき
そりゃそうだ。モチベーションにかかわるしね

『何が欲しいのか→絵にかいてみる→作れるのか?』

頭の中で考えて、紙に書いてみる。

この紙に書く作業ができれば、これはもう、DIYの一歩を踏み出したと同じだと思います!

イメージする

イメージする

このは
イメージを膨らませるためにDIY雑誌をながめることはおすすめです
ホームセンターにはお店の人が手作りしたと思われるディスプレイがあるので、身近なDIY作品として参考になるよ
ぺんき
このは
日常生活で、DIYのネタ探しアンテナを立てておこう!

今回は下のイラストのようなボックスシェルフをイメージしました!

底板のない木の枠という感じです。

枠の中には本を立てかけようと思います。

箱の上には重いものを置いたり人が座ったりしないので、強度はそれほど必要としません。

これを作ってみよう!

これを作ってみよう!

イメージが固まったら、次はより具体的にするための設計図を書きます。

設計図と木とり図の作成

設計図の書き方

長さを書き込んだ設計図を作ります。

設計図を書くときは、方眼紙を使うと便利です。

図を描くときは、完成をイメージして立体的に書きます。

そこから各パーツのサイズと必要数を書き込みます。

最後に、ホームセンターで売っている木材のサイズから、なるべく端材が出ないように木とり図を作成します。

このは
こちらがボックスシェルフの手書き設計図です
手書きの設計図と木とり図

手書きの設計図と木とり図

材料の木材ですが、今回のボックスシェルフはホームセンターで安価に手に入るSPF1x4材を使って作ることにしました。

SPFとは、Spruce/トウヒ、Pine/松、Fir/もみの木の頭文字です。

1x4とは、木材のサイズ規格のことです。1x4は19x89mmになります。

ホームセンターでは写真のように積まれて売られていることが多いです。

ホームセンターで売られている1x4 6F

ホームセンターで売られている1x4 6F

このは
1x4、2x4は大量生産されている木材なのでお安く手にはいります
写真には『ホワイトウッド』って書いてるけど、SPFとどこが違うの?
ぺんき
このは
同じだよ。ホームセンターによって商品名が違うみたいだね

1x4材3枚をダボ継ぎして一枚の幅広板にする設計です。

ダボ継ぎとは、木材と木材に穴をあけてダボを埋め込み、木材を継ぐ方法です。

このは
ダボ継ぎとボンドを組み合わせると、木材どうししっかりくっつきます
ダボ継ぎ

ダボ継ぎとは

ダボ継ぎが難しいと感じるのであれば、初めから幅広の材で作成すると良いでしょう。

なぜ幅広の材を使わなかったのかというと、幅広材は高価なので、制作費を抑えるためだからです…。

ココがポイント

DIYに磨きをかけたいのなら!設計ソフトを使ってみよう!

DIYに慣れてきて、より複雑なものを設計するときは設計ソフトを使うことをお勧めします。

私が使っているのはcaDIY3Dです。

設計ソフトはこちら
caDIY3D
caDIY3Dの機能と使い方 ~DIYの設計と木取り図作成にお勧め! 

かんたんに直感的に使えるDIY設計ソフト『caDIY3D』のご紹介です。設計、木取り図作成をものすごく!かんたんにしてくれるソフトです。DIY初心者の方にはもちろん、これまで苦労されてきたベテランの方にもおすすめです。

続きを見る

今回のボックスシェルフをcaDIY3Dで設計すると下の図のようになります。

caDIY3Dボックスシェルフ完成図

caDIY3Dボックスシェルフ完成図

caDIY3Dは木とり図を自動で作成してくれます。

caDIY3Dで作成したボックスシェルフ木とり図

caDIY3Dで作成したボックスシェルフ木とり図

おおよその制作費がわかることも、嬉しい機能です。

DIYを末永く続けていくのなら、制作記録も兼ねて設計ソフトを使うことをお勧めします。

次回の内容は、失敗しないホームセンターでの木材を購入を紹介します。

さくやこのはでオリジナルキャラを作ってみませんか?

SNSやブログで使えるオリジナルキャラを作成します 小物・表情差分・文字入れ無料☆趣味や職業にあわせてデザイン可

さくやに設計図作成を依頼してみませんか?

DIY用の設計図と木取り図を作成します 賃貸住宅でもできる『静かなDIY』を応援します!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

このは

イラストと初心者向けのDIY担当。ココナラとスキルクラウドにてイラスト作成依頼を受け付けています。ブログをイラストで盛り上げ中。編み物を含めた裁縫全般の記事も書いてます。競技かるたもやってますので、「さくやこのはな」の歌はとてもなじみ深いです。

-木工

Copyright© さくやこのはのDIY , All Rights Reserved.