木工

端材を活用してDIY!端材収納ボックスを自作しよう

端材収納ボックス

こんにちは、このはです。

DIYをしていると、木材の端材がたまりませんか?はい、我が家もいろんなサイズの木材が部屋に並んでいます。

積み上げておくと場所をとってしまうので、木材を立てて収納できる端材収納ボックスを自作することにしました。

今回は組み木の練習をしたいので『追い入れ継ぎ』を使って作成します。

端材なので失敗しても怖くない!組み木の練習にぴったりです!

作品情報

【難易度】 (初級~中級者向け)

【予算】0円 ※端材だけで作ったので

【製作期間】約1日

【主な材料】

  • 端材
  • キャスター

【主な道具】

  • 玄翁(金づち)
  • 作業台&クランプ
  • 鑿(のみ)
  • ノコギリや電動ドリル

こんな方におすすめ

  • 端材を整理整頓したい
  • 追い入れ継ぎの練習をしたい
  • 端材を消費したい

設計

作りたいものを考える

作りたいものを考える

まず、手書きで端材置き場のイメージを書いてみました。

柱の部分は2x4材を使い、横の手すりの部分は1X4を使います。底板には12mm合板を使います。

このは
家にある端材で使えそうなものはこんな感じでした
完成サイズは手持ちの端材と相談して設計していこう!
ぺんき

12mm合板を、柱になる2x4を10mm切り欠いてはめ込み底にします。

柱となる2x4材の高さは680mmにしました。柱同士は1x4材で追い入れ継ぎをしてつなぎます。

言葉にすると分かりにくいので、困ったときのcaDIY3Dで設計図を作りなおしました。

お役立ち
caDIY3D
caDIY3DはDIY初心者にお勧め! ~機能と使い方を詳しく紹介

かんたんに直感的に使えるDIY設計ソフト『caDIY3D』のご紹介です。設計、木取り図作成をものすごく!かんたんにしてくれるソフトです。DIY初心者の方にはもちろん、これまで苦労されてきたベテランの方にもおすすめです。

続きを見る

端材置き場

caDIYでの完成予想図

caDIYの完成予想図①

caDIYでの完成予想図①

caDIY3Dで作った設計図のなかの茶色の部分は完成後に追加したところです。

端材置き場完成後に実際に使ってみると、端材が滑って前に飛び出すことがあったので、滑り出し防止に底の部分と下側に角材を打ち付けました。

さらに!それでも横に倒れることがたびたび起こったので、今では横の部分にもフェンスになるように木材を追加してます。

このは
詳しくは最後の『追記』に書いてあります
使っていて困ったら、改良!改良!
さくや

端材置き場は移動できるようにしたいので、底にはキャスターを付けました。

柱の2x4材を引きずらないように、キャスターは地面からの高さが12mm合板を差し込む高さより高くなっています。

設計図ができたので、木材の準備をしましょう。

木材の準備

サンダがけ

使用した材料

使用した材料

材料になる12mm合板、2x4と1x4材を用意します。

端材置き場といえども、とげが刺さるとケガをしてしまうので、サンダをかけて木材のバリをとってしまいましょう。

毎度おなじみリョービの電動サンダにアミ目両面やすり#80を付けて使っています。

サンダがけ

サンダがけ

墨付け

スコヤ

切り欠く部分に線を引く

木材を滑らかにしたら、切り欠きする部分に目印として鉛筆で線を引きます。

その前に、木材が設計図のどの部分にあたるのか番号を振っておくとミス防止になります。

はめ込む木材を直接当てて線を引く『現物合わせ』をしながら、欠き取ってしまう部分は斜線で分かりやすくしておきましょう。

現物合わせとは?

現物合わせとは?

ここでは欠き取る深さは書きません。書くのは欠き取る場所だけです。

欠き取る部分にノコギリを入れると、切り取りたい深さまでしかノコギリの刃が入らないようになるノコギリストッパーを使うからです。

ノコギリストッパーはこの先で紹介します。

切り出し

直角治具

直角治具

ノコギリで必要なサイズに切っていきます。

木材を直角に切り出すときは『直角治具』を当てながらノコギリを動かします。

ぺんき
直角治具はDIYをするときに使用頻度が高い三種の神器の1つです!作成しておくと、作品の精度があがります
直角治具がない場合は、視線はノコギリの刃の上、肘はノコギリの延長線に持っていき、姿勢よく切りましょう。これだけでもだいぶ違います
このは

材料を必要な長さにそろえたら、いよいよ木材の加工です。

加工~追い入れ継ぎ~

ノコギリストッパーの準備

木材に溝を掘る方法

木材に溝を掘る方法

木材をはめ込むための溝を掘っていきます。

このは
電動工具『トリマー』を使えばきれいに溝を掘れますが、今回はノコギリと鑿で溝を掘っていきます
練習!練習!
ぺんき

そうなんです、トリマーを使えば綺麗に早く溝を作れるのですが、ノコギリと鑿で溝は掘れるので、今回はこの方法でやってみましょう!

まずはノコギリで一定の深さの切り込みを入れるための準備です。アイスの棒を利用したノコギリストッパーを使います。

用意するものはアイスの棒と100均の両面テープ、ストッパー付き直尺です。

のこぎりストッパーの準備

ノコギリストッパーの準備

掘りたい溝の深さをストッパー付き直尺で測って、両面テープでアイスの棒を付けるだけです。

アイスの棒がストッパーに

アイスの棒を貼りました

この状態のノコギリで木材を切ると、一定の深さでアイスの棒が引っ掛かってそれ以上切れなくなります。

このは
考えなくても同じ深さの切り込みを入れ続けることができるってことだ!
アイスの棒がストッパーになる

アイスの棒がストッパーになる

ノコギリと木材が水平になるよぅに木材を切っていきます。

切れない深さに到着すると、そこでノコギリの音と滑り方が変わるので目安にしてください。

切り込みを入れる

×の部分を切り取るように切り込みを入れる

欠き取る部分に切り込みを入れる

ストッパーを付けたノコギリで欠き取る部分に切り込みを入れていきます。具体的には、鉛筆の線より×印側に切り込みを入れます。

線の上にノコギリを置いて切り出すと、ノコギリの刃の厚さ分はみ出して欠き取ることになってしまいます。

今回は精密な木工ではないので欠き取る幅が大きくなっても何とかなりますが、意識しておくといいです。

ぺんき
欠き取る部分は斜線の×部分だけにするってことだね

幅広く欠き取る部分は、鑿の刃の幅に合わせて細かく切り込みを入れます。

切り込みを入れる

切り込みを入れる

ノコギリストッパーを使うと自動的に同じ深さの切り込みになるので、作業がはかどりますね。

切り込みを入れたら、次は鑿を使って欠き取っていきます。

鑿で欠き取る

鑿で欠き取る

鑿で欠き取る方法

木材をクランプして鑿で欠き取っていきます。

この時、欠き取った木片が勢いよく飛ぶことがあるので、対面に木材を置いておくと掃除しやすいし安全です。

鑿での欠き取り方は、一気に欠き取るのではなく、木材の半分を欠き取ったらひっくり返して反対側から欠き取るときれいな溝が掘れます。

半分ずつ欠き取る

このぐらい掘ったら反対から掘る

溝が掘れたら、木材がはまるのかチェックします。

下の写真のこの溝は1x4をはめ込む部分なので、1x4の端材を使って確かめました。

木材がはまりました!

きついけど木材がはまりました!

最終的には差し込む方の木材を玄翁(げんのう)で叩いて圧縮(木殺し)させてから差し込むので、溝は少しきつめの方が良いです。

あまりに溝が狭い場合は、鑿で調整しましょう。

キャスターを付ける

小ねじでキャスターを付ける

小ねじでキャスターを付ける

底板の12mm合板にキャスターを付けます。

今回使ったキャスターは、一つにつき耐荷重12kgです。これを4個組み木の邪魔にならないところにつけました。

キャスターは取り付け高さ42mmなので、合板を差し込む位置30mmより背が高いため周りの4つの2x4は地面につかないようになってます。

組み立て

仮組み

試しに組み立ててみる

試しに組み立ててみる

これでパーツがそろったので、ちゃんと組み立てできるのか試してみましょう。

このは
ここの確認をすっ飛ばすと、後で後悔すること山のごとし…
今までのDIY、必ずミスってきたものねぇ~
ぺんき

木材が明らかにはまらない場合は、やすりや鑿で微調整します。

組み立て

木殺ししながらはめ込む

木殺ししながらはめ込む

はめ込む方の木材を玄翁で叩いて圧縮してからはめ込みます。『木殺し』という作業です。

叩いてから木材をはめ込むと、後に木材が元の大きさに戻って木材がしっかり固定されます。

ぺんき
でた、名前が物騒な技

木口にボンドを付けるとよりしっかり固定されますが、分解するとき面倒なので今回はビスだけで固定しました。

ビスで固定

ビスで固定

全てのパーツを同じように組み立てたら完成です。

端材置き場の完成

端材収納ボックスの完成

ぺんき
あれ、塗装は?
端材に塗料がつくのはNG!だから、塗装はしません
このは

塗装をしないので、サンダがけの時に丁寧にヤスリがけしておくといいですね。

追記①

木材のすべり止め

木材のすべり止め

問題なく使えていたのですが、立てかけた木材が傾けた方に滑り出してくる問題が起こりました。

そこで急遽、端材を使って滑り止めを底板につけました。

ぺんき
あ!すのこの角材部分だ!?

手前に小さい端材を入れたときに倒れてくるので、もう一本木材を打ち付けました。

このは
まだまだ設計が甘かった…
使ってみて改良して、また改良してでいいんだよ
さくや
端材を立てかけて収納できる

木材が滑ってこない

丸棒など細長いものはふすま紙の芯をつないで一か所にまとめて置けるようにしました。

追記②

木材を追加

木材をさらに追加

さらに問題が発生しました。

長さのある端材を立てかけておくと、横にも前にも倒れてきて危険なことが分かりました。

そこで、横と縦に角材を一本渡したところ、長い木材を置いても安定して収納できました。

現在の端材置き場

現在の端材置き場

今回の端材収納ボックスは木材の欠き取りと鑿の使い方、組み木するときの設計図の作り方の練習になります。

端材を使ったDIYなので、失敗を恐れず挑戦できるのもいい所です。

このは
使っていて困ったことがあったらどんどん改造しよう!自分で作ったのもなら、どこに手を加えていいのか分かるはず!

『組み木』というちょっとワンランク上のDIY、完成した後は自分のレベルが上がったような気になれます!

端材がたまってきたら、練習を兼ねて組み木のぜひ挑戦してください!

さくやこのはでオリジナルキャラを作ってみませんか?

SNSやブログで使えるオリジナルキャラを作成します 小物・表情差分・文字入れ無料☆趣味や職業にあわせてデザイン可

さくやに設計図作成を依頼してみませんか?

DIY用の設計図と木取り図を作成します 賃貸住宅でもできる『静かなDIY』を応援します!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

このは

イラストと初心者向けのDIY担当。ココナラとスキルクラウドにてイラスト作成依頼を受け付けています。ブログをイラストで盛り上げ中。編み物を含めた裁縫全般の記事も書いてます。競技かるたもやってますので、「さくやこのはな」の歌はとてもなじみ深いです。

-木工

Copyright© さくやこのはのDIY , All Rights Reserved.