木工

初心者応援DIY!ルンバも収納できるレコードラックを自作しよう

レコードラックの自作

こんにちは、このはです。

今回は、ココナラを通してruiさんのレコードラック作成をお手伝いしたときのことについて紹介します。

ご依頼くださったruiさんと一緒に設計をすすめて、納品されるまでの様子を見ていきましょう!

作品情報

【難易度】 (初級者向け)

【主な材料】

  • パイン集成材
  • 丸棒
  • コーススレッド
  • ワトコオイル
  • ブライワックス

【主な道具】

  • 電動ドリルドライバ
  • 電動サンダ
  • ライフソークラフト145

レコードラック自作のご相談

ココナラにてruiさんから相談を頂いたのは、このような内容でした。

  • レコードを収納する棚を作りたい
  • 棚の下にはルンバを収納できるスペースを作りたい
  • できれば天板はビスが見えないようにしたい
  • 木目を活かしたいので木材と塗装も相談したい
  • DIYは初心者なので、設計図と木取り図を作成してほしい
  • 必要な材料(ねじの長さなど)の相談に乗ってほしい
このは
DIY初心者なんですね!喜んで応援します!
助太刀いたす!
ぺんき

もちろん、喜んでこのお話を引き受けさせていただくことにしました。

さっそく自作レコードラックを設計!

ruiさんとメッセージをやり取りしながら、レコードラックの設計を進めていきました。

レコードラックのイメージを確認

まずは、ruiさんがイメージするレコードラックについて教えてもらいます。

ruiさんは手書きのイメージ図を書いてくれました。このようにイメージ図をもらえると、とても助かります!

手書きのイメージ図

手書きのイメージ図

いただいたイメージ図ではわからないこともありましたので、こちらからは次のことを質問しました。

  1. 家具の幅45cmだが、内側の棚も幅45cmにするのか
  2. 背板が無いと強度に不安が残るが、それでも大丈夫か
  3. 天板でビスを見せないようにするのであれば、『ダボ埋め』か『ダボ継ぎ』がお勧め。試してみませんか?

強度に関しては改善する方法はあること、そしてダボ埋めやダボ継ぎについての詳しいことについてもお伝えしています。

この内容について検討をお願いしたところ、ruiさんからは次の回答をいただきました。

  1. 内側の棚も45cmとしてください
  2. あまり重いものを乗せる想定はないので、このままで大丈夫
  3. ダボ埋めに挑戦してみたい
ぺんき
見えるなら 隠してみよう ダボ埋めで

ラフの設計図作成と、材料選び

これで方向性が決まりましたので、caDIY3Dでラフの設計図を作ってみました。

このは
まずは目に見える絵をかいて、イメージできるようにしないとね
レコードラックのラフ設計図

レコードラックのラフ設計図

設計ソフトはこちら
caDIY3D
caDIY3Dの機能と使い方 ~DIYの設計と木取り図作成にお勧め! 

かんたんに直感的に使えるDIY設計ソフト『caDIY3D』のご紹介です。設計、木取り図作成をものすごく!かんたんにしてくれるソフトです。DIY初心者の方にはもちろん、これまで苦労されてきたベテランの方にもおすすめです。

続きを見る

まずはこの簡単な設計図をお渡しして、それと同時に、どんな木材でレコードラックを作るのかも考えてみます。

このは
使う木材でイメージが変わるし、予算も変わってくるからね

今回はホームセンターで木材を買ってカットもお願いするとのことなので、ホームセンターで手に入る主な木材について紹介しました。

提案その1

【無垢材】

無垢材は、天然の樹木をカットした材料です。

ホームセンターで手に入るのはSPF、ホワイトウッド(SPFとほぼ同じ意味)、杉、ヒノキ・・などと、木の種類の名前が書かれているものがそれにあたります。

販売されている材料の大きさ、価格はホームセンターによって様々です。

提案その2

【集成材】

天然の樹木を細くカットしたものを、貼り合わせて大きな板に成型した材料です。『パイン集成材』『桐集成材』『ラバーウッド集成材』などの商品がホームセンターでは販売されています。

無垢材の欠点を補うために作られている材料で、ねじれや反りと言った歪みはほぼ無く、大きな材料(特に板材)が手に入りやすいのが特徴です。

オイルステインのような透明な塗料で塗装すると木目が美しく染まるため家具材として人気がありますが、大きな板はそれなりの値段になってしまうのがネックです。

提案その3

【合板】

ラワンなどの安価な木材を薄くスライスし、それを何層も貼り合わせて作る材料です。中央に軽くて厚みのある芯を挟み込んだ『ランバーコア』と呼ばれる種類の物もあります。

価格が安く、強度が非常に高く、大きい板を手に入れやすいのが特徴です。コストパフォーマンスを考慮するなら合板が最も優れています。

ラワン合板など表面のキメが荒い合板はどうしてもそれなりの仕上がりになってしまいますが、『針葉樹合板』や『OSB合板』といった独特の木目で人気がある合板や、表面に滑らかな板を張り付けて美しく仕上がるようにした『シナベニヤ合板』というものもあります。

こちらをお伝えして、お近くのホームセンターで実際に見ていただくことをおすすめしました。

ruiさんはさっそく週末にホームセンターに行ったようです。実際に木材を見てみて、パイン集成材が気に入ったとおしえてくれました。

パイン集成材は木目がきれいだよね。塗装が映える!
ぺんき

ところで、ruiさんは木材を見たときに『18mmパイン集成材はけっこう薄い板だな』という印象を持たれたようです。

このは
実際に見てみた印象ってすごく大事!思ったことがあれば、そのまま教えてくださいね

そのため、ruiさんから『厚さが18mmのパイン集成材を使用して強度は問題ないのでしょうか』という質問をいただきました。

ラフで作成した設計図では必要最低限と思われる材料を使っていました。薄いという印象を持たれるのももっともです。

こうやって心配なことを話せるのも、最初にラフの設計図を作ったからだね
ぺんき

強度を上げるために設計を修正

そこで、家具の強度を上げる方法をいくつか提案することにしました。

まずは単純に板を厚くする方法です。仮に24mmの板を使う場合、18mmに比べて木材の接合面積は1.5倍になり、ビスも長いものを使用できるので強度を上げることができます。

イメージしやすくするために、厚さ18mmの木材で作る場合と24mmの木材で作る場合について、両方のイメージ図を作ってみました。

18mm厚(手前)&25mm厚(奥)

18mm厚(手前)&25mm厚(奥)

ぺんき
ならべてみるとわかりやすい!見た目の印象が全然違うね

そして、厚さを変える方法以外にも、強度を上げるいくつかの方法について提案しました。

たとえば小さな三角板を使う方法です。木材をつなぐ部分にピンポイントで補強板をいれることで、家具の強度を上げることができます。

小さな板で補強する方法

小さな板で補強する方法

裏に長い板材を張り付ける方法もあります。薄い板でも、張り付ければ強度がかなり上がります。

ラックの裏に棚を貼るアレンジ案①

ラックの裏に棚を貼るアレンジ案①

さらに強度をあげるのであれば、薄い板を複数張り付けるのが有効です。天板や棚板の後ろに貼り付けると、表から目立たないようにすることもできます。

ラックの裏に棚を貼るアレンジ案②

ラックの裏に棚を貼るアレンジ案②

実は(木取り図の都合上)裏板が2枚でも3枚でも材料費は変わらないので、3枚張り付ける案も提案しました。

背板3枚にするアレンジ案③

背板3枚にするアレンジ案③

ruiさんは最後の(アレンジ案③)をとても気に入ってくださいましたので、この設計で進めることになりました。

なおruiさんから下の図のように24mm厚の材料と18mmの材料を使い分けたいとの希望もいただきましたので、そのように設計していきます。

使用する材の厚み

使用する材の厚み

材料の塗装はどうするのか?

設計と材料が決まったので、塗装についても相談を進めていきます。

ぺんき
やってきた塗装タイム!ここ大事

塗料にはさまざまな種類がありますが、高級感を希望されていたので、集成材の良さを引き出す『油性オイルステイン』をおすすめしました。

このブログでもよく登場するWATOCOオイルは種類が豊富で発色もよく、お勧めです。

オイルステイン単独では木材を保護する力はないので、ワックスなどで仕上げする必要があります。おなじみのBRIWAX(ブライワックス)を仕上げ塗料として紹介しました。

と言っても、使ったことの無い塗料はどのようなものかイメージしにくいはずなので、私が以前作った家具で塗装サンプルをお見せしました。パイン集成材にワトコオイル(ドリフトウッド)とブライワックス(アンティークマホガニー)を塗装した写真がこちらです。

ワトコオイル(ドリフトウッド)とブライワックス(アンティークマホガニー)の組み合わせ例

ワトコオイル(ドリフトウッド)とブライワックス(アンティークマホガニー)の組み合わせ例

ruiさんはホームセンターの塗料売り場に実際に足を運ばれて、塗料を見てきたそうです。商品が多くてどれを使えばよいのか分からないほどだったようですね。

このは
ホームセンターの棚いっぱいの塗料、圧倒されますよね

結局、今回のレコードラックはお勧めしたワトコオイルとブライワックスの組み合わせで塗装することになりました。

rui2141さんが購入されたワトコオイルとブライワックス

rui2141さんが購入されたワトコオイルとブライワックス

いきなり木材に塗料を塗るのはちょっと待ったー
ぺんき
このは
塗装前のサンディング、#240のサンドペーパーで磨いておくことも伝えました
このひと手間で発色が違うよ!端材があったら試験塗装をするのもいいね
ぺんき

ruiさんは近くのホームセンターにセルフ工房があり、そこで電動サンダを借りてサンディングできるそうです。

サンダがかけられるセルフ工房が近くにあるなんて!いいな~
ぺんき

レコードラック組み立て時のアドバイス

ruiさんは電動ドリルドライバーをお持ちとのことなので、組み立てに使うビスについて説明しました。

木製家具を作るには『コーススレッド』がおすすめです。

長さの目安は板の厚さの2~2.5倍、約50本あれば足りることをお伝えしました。

このは
ビスを打つときに、金工ドリルや下穴錐(したあなきり)を使って下穴をあけておくと、板の割れ防止になりますよ

ボンドも併用すると強度は上がります。

このは
ボンドで接着する場合は、圧力をかけてくださいね

ダボ埋めの仕方について

ruiさんはダボ埋めに挑戦されるとのことなので、必要な道具と材料をアドバイスしました。

  • ダボ穴用のドリルビットが必要なこと
  • ダボ切りノコが必要なこと
  • ダボ埋めには丸棒を使うこと

の三点です。

ドリルビットは使用する丸棒の太さに合わせた『先三角ショートビット』が必要になることをお伝えしました。

ダボ切りノコは専用の『ライフソークラフト145』一択ですね。とても使い勝手が良いです。

このは
ライフソーは好きなノコギリベスト3に入ります
あとの2本が気になる…
ぺんき

ダボ埋めの丸棒に、色付きの材料(マホガニーなど)を使ってアクセントにすることもできます。

レコードラック木とり図と完成図の納品

設計と材料、道具がひととおり決まりましたので、木とり図と完成図を納品しました。

レコードラック木とり図①

レコードラック木とり図(一部)

レコードラック完成図

レコードラック完成図(一部)

上で紹介しているのは納品したもののうちの一部です。実際は全ての部品の木取り図と、さまざまな角度から見た設計図を納品しています。

納品した後も、わからないことについて相談を受けたりしました。

このは
納品して終わりではなくて、ちゃんとアフターサービスもします

自作レコードラックの完成!

その後ruiさんはレコードラックを無事作ることができて、写真を送ってくれました!

このは
完成報告をいただいて嬉しいです!!
レコードラック表

レコードラック表

レコードラック裏

レコードラック裏

このは
とてもきれいに仕上がってます!お洒落です!!
収納してるものからしてお洒落だな~
ぺんき
このは
このセンスが欲しいのよ

ダボ埋めしたところも写真を送ってもらいました。

ダボ埋めしたところ

ダボ埋めしたところ

このは
このひと手間でビスを隠すと、仕上がりがランクアップします!
すごくきれいなダボ埋めだね
ぺんき

完成した写真をいただいたときは、とれもうれしかったです。お役に立てて自分自身のモチベーションも上がりました!

このは
よし!私もそろそろ大物を作ろう!
DIYの木とり図作成はココナラで受付中です。お気軽にご相談くださいね
ぺんき
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

このは

イラストと初心者向けのDIY担当。ブログをイラストで盛り上げ中。編み物を含めた裁縫全般の記事も書いてます。競技かるたもやってますので、「さくやこのはな」の歌はとてもなじみ深いです。

-木工

Copyright© さくやこのはのDIY , All Rights Reserved.