刃物の裏押し ~砥石で刃裏を研ぐ際の手順と注意点

2024年1月21日

刃物の裏押し ~砥石で刃裏を研ぐ方法

さくや(@sakuyakonoha77)です。

以前、片刃の刃物の場合は刃裏を平面にすることが重要と説明しました。和包丁では『刃裏が命』と言われることもあるほど重要で、これは鉋や鑿などの木工道具でも同様です。

片刃の刃物の刃裏を平面にすることを、一般的に裏押し(うらおし)と呼び、特別な研ぎ方が必要になります。

この記事では、伝統的な金盤を使う裏押しの方法について紹介した後で、私なりの焼結ダイヤモンド砥石を使う裏押し方法について詳しく説明していきます。

裏押しの方法で困っている方は参考にしてみて下さい。

刃物の裏押しとは

裏押しされた鉋の刃
裏押しされた鉋の刃

刃物の裏押しとは、刃物の刃裏を研いで完全に平面にすることを指します。

刃裏は刃物の切れ味を決める重要な要因のため、裏押しをすることで刃物の切れ味を良くすることができます。

片刃の刃物の場合、下の図で示すように刃裏鎬面(しのぎめん)の合わさる部分が刃先になります。

理想の刃の形(片刃の場合)
理想の刃の形(片刃の場合)

刃先は刃裏の延長なので、刃裏が歪んでいたり傷がついていたりすると鎬面をいくら研いでも切れ味が良くなりません。そのため、刃物の切れ味を良くするために、まず刃裏を平面に仕上げることが重要になります。

刃裏に問題があるかどうかを確認する際は、刃裏をよく観察して以下のポイントを見てみてください。

  • 刃裏は、刃先まで完全な平面になっているか
  • 刃裏に傷や錆がないか
中古鉋の刃裏
中古鉋の刃裏

刃裏が歪んでいたり傷があるようなときには修正が必要です。その際には通常の研ぎとは異なる考え方が必要なので、その作業は特別に『裏押し』と呼ばれます。

裏スキ、裏出しについて

鉋や鑿などの大工道具を使っている方は、裏押しの話をする前に裏スキ裏出しのほうが気になってしまうかもしれませんが、それを含めると長い話になってしまうのでここでは割愛します。ただし裏スキがある場合は裏スキを減らさないように、最小限の裏押しで終わらせるように十分に注意してください。

一般的な裏押しの方法

金盤を使った裏押し
金盤を使った裏押し

一般的には、裏押しと言えば金盤を使う方法がよく知られています。市販の金盤(鉄板)の上に金剛砂と少量の水を置き、刃裏で金剛砂をすりつぶすように力いっぱい押し付けて研ぐ方法です。

金盤を使った裏押しの方法については、こちらの書籍でとても詳しく紹介されています。

この本では裏押しの際に必要になる『押し棒』という道具や、その使い方についても写真付きで分かりやすく紹介されていて、私もこの本を参考に裏押しをして鉋の刃裏をピカピカにすることができました!

しかしこの方法は、伝統的ではあるものの致命的な弱点があると思っています。

それは、金盤自体の平面が保証されていないということです。

金盤は、使っているうちに平面ではなくなってしまう

案外忘れがちなのですが、金盤は鉄です。

そして刃物は、鉄に炭素などを加えて、さらに焼き入れまでして硬くした『鋼』です。

さくや

さて問題だ。

柔らかい鉄と硬い鋼。二つをこすり合わせたら、どちらがすり減るかな?

そんなのわかりきってるじゃない。柔らかい鉄のほうよね

はろ子
さくや

その通り。つまり金盤で刃物を裏押しをしたら、金盤のほうが先ににすり減る。そこが問題なんだ

金盤による裏押しを何度も繰り返すと、自然と金盤のほうが凹んできます。数度の裏押しくらいであれば気になりませんが、では何回裏押ししたら平面でなくなるのかはわかりません。

金盤が狂ってしまえば刃裏を平面にすることはできなくなるので、金盤を修理に出すか、新しい金盤を買うかの二択に迫られてしまいます。

そもそも平面精度が保証されていないものを基準にしてしまっている時点で、私はこの方法に納得することができませんでした。

そのため私は金盤を使う方法は早々に見切りをつけて、平面精度が保証されている焼結ダイヤモンド砥石を使う方法を採用することにしました。

焼結ダイヤモンド砥石を使う方法

焼結ダイヤモンド砥石を使う裏押し
焼結ダイヤモンド砥石を使う裏押し

金盤を使う方法に対して、砥石を使って刃裏を研ぐという裏押し方法があります。

さくや

金盤のときのように力いっぱい押すわけではないので、裏押しというよりも裏研ぎと言った方がよさそうだけどね

ここで非常に重要なのは、高い平面精度を持つ砥石を使うことが絶対条件という点です。

さらに、鋼を削れるくらいの高い研削力を持ち、なおかつ刃裏に深い傷をつけないような粒度の細かい砥石を使う必要があります。

さくや

これらの条件を満たす砥石と言えば・・わかるかな?

さっき答えを書いてたよね

はろ子
さくや

しまった!?

先ほども書いてしまいましたが(笑)、こういう場合に最適なのは『焼結ダイヤモンド砥石』です。高い番手でも強力な研削力を持ち、かつ極めて高い平面精度を持つという、裏押しにもってこいの砥石です。

かなり値が張るというデメリットがあるものの、ほぼ永続的に平面が保証されるので、一度買ってしまえば安心して裏押しできるというメリットがあります。

金盤や砥石の平面に不安を感じながら裏押しをするのは精神的につらいものがあります。

そんな不安におびえるくらいなら、焼結ダイヤモンド砥石を一つ買って安心して裏押しをした方が精神衛生上よいと思っています。

っていうか、焼結ダイヤモンド砥石ってそれ以外の用途あるの?

はろ子
さくや

正直言うと、無いかも。裏押し以外の用途なら焼結ダイヤモンド砥石を使わなくても何とかなるからなぁ

警告

ここでは触れていませんが、ダイヤモンド砥石には『電着式』と『焼結式』の二種類があります。裏押しを目的で使用する場合は電着式ダイヤモンド砥石を絶対に使わないでください数千円で販売されている銀色のダイヤモンド砥石はすべて電着式なのでNGです!!電着式ダイヤモンド砥石を使うと刃裏がボロボロになって悲惨なことになります。

焼結ダイヤモンド砥石を使った裏押しの手順

焼結ダイヤモンド砥石を使った裏押しの手順について詳しく説明していきます。

具体例として西洋鉋のブレードを使います。西洋鉋のブレードは裏が平面となっているのが特徴で(裏スキが無い)、いわゆるベタ裏の研ぎ方になりますが、焼結ダイヤモンド砥石を使えば確実に平面にすることができます。

1. 焼結ダイヤモンド砥石#6000で刃裏を研ぐ

ダイヤモンド砥石#6000で刃裏を平面にする
焼結ダイヤモンド砥石#6000で刃裏を平面にする

まず最初に焼結ダイヤモンド砥石で刃裏を研ぎ、刃裏を平面に整形していきます。ここではナニワの焼結ダイヤモンド砥石#6000を使用しています。

ナニワの焼結ダイヤモンド砥石#6000は、刃先がちょっとダレている(すり減っている)という程度なら10分~20分で修正ができるくらいの研削力で、裏押しにはちょうどよいと感じているのでお勧めです。

ポイント

#6000で修正できないくらい大きくゆがんでいる場合は、いったん#3000~5000くらいの人造砥石(ただししっかり平面を出したもの)で研いでおおまかな平面を作っておき、あらためて焼結ダイヤモンド砥石#6000で平面を仕上げるようにすると時間短縮できます。

刃裏を研ぐ際の注意点は

  • 刃全体に均等に力をかけて、刃裏が平面になるように研いでいく
  • わずかに刃先側に力をかけるつもりで研ぐ
  • 焦らず、ゆっくり前後に動かして研ぐ

の3点です。それぞれ詳しく説明します。

刃裏全体に均等に力をかける

刃裏を平面にすることが目的なので、均等に力をかけるというのはわかりやすいと思います。しかし『刃先からどこまでを砥石に当てればよい?』でちょっと悩むかもしれません。

刃先数mmだけを研ぐと刃裏というよりは裏鎬(うらしのぎ?)になってしまうので、目安としては西洋鉋のブレードなら刃先から数cm、日本の鉋や鑿ならばもとからある刃裏の範囲を砥石に当てるイメージで良いと思います。

メモ

裏鎬というのはここで作った造語ですが、外国の刃物には刃裏を斜めに研ぐBack Bevelという考え方があります。Back Bevelで刃裏に角度をつけることで、鉋台に取り付けた時の切削角を任意に微調整したり、切れ味が長持ちするようにできるというメリットがあります。

本記事では日本の大工道具における刃裏の考え方をベースにしているので、刃裏は完全に平面するという前提で話を進めています。

初めて裏押しをすると刃の先端がなかなか砥石に当たらないものですが、辛抱強く、出っ張っている部分を押し付けるようにして研いでいくと、やがて刃裏全体が均一に砥石に当たるようになります。

わずかに刃先側に力をかけるつもりで研ぐ

裏押しに慣れていないと、裏をどれだけ研いでも刃先が砥石に当たらないという状態が続くことがあります。

刃先が砥石に当たる気配がない・・と感じるときは、ほんのわずかに刃先側に強めに圧をかけて、ほんのわずかに刃先側に傾けるイメージで研ぐようにします。

ただし刃先だけを研いでしまうと逆効果なので、焦らずに刃裏の平面を広げて刃先までいきわたらせるように研いでください。

焦らず、ゆっくり前後に動かして研ぐ

裏押しで一番重要なのは、刃裏を正確な平面にすることです。

ここで焦ってしまい、手を早く動かして研ぐと、どうしても手がブレて刃裏に歪みが出ます。特に手前側&奥側、あるいは刃の角だけを砥石のこすりつけるとになって部分的にすり減ってしまい、刃裏がダレる原因になります

裏押しは特別な作業なので、急ぐ必要はありません。ゆっくり研ぐことを心掛けて研いでみてください

また、ゆっくり研いでいれば起きない問題だと思いますが、砥石がぐらついたり前後に動いたりするとやはり刃裏が歪む原因になります。砥石が動いて困る場合は、砥石を固定する砥石台(研ぎ台)があると便利です。こちらの記事で作り方を紹介していますので、参考にしてみてください。

焼結ダイヤモンド砥石を使う際のコツ

焼結式ダイヤモンド砥石は名倉砥石との相性が良い
焼結ダイヤモンド砥石は名倉砥石との相性が良い

焼結ダイヤモンド砥石は、通常の人造砥石とは違って砥泥が出てきません。そのため、刃を研ぐ際に『刃が表面を滑っているだけ』『強く押し付けて研ぐとビビる』といった研ぎにくさを感じることがあります。

そういう時には名倉砥石※と呼ばれる小さな砥石をこすりつけて泥を乗せたり、研磨剤のWA紛などを耳かき一杯ほど乗せて研ぐことで刃の食いつきが良くなり、気持ちよく研げるようになります。焼結ダイヤモンド砥石の研ぎで違和感を感じる場合は試してみてください。

メモ

※私は『三河白名倉』と呼ばれるものを使っています。天然の石英微粒子の塊で、人造砥石から天然砥石まで幅広く研ぎのサポートとして使うことができます。ヤフオクでひとつ2,000円前後で買うことができます。

焼結ダイヤモンド砥石での研ぎ終わり

焼結式ダイヤモンド砥石#6000の研ぎ上がり
焼結ダイヤモンド砥石#6000の研ぎ上がり

刃裏が完全な平面になったら、焼結ダイヤモンド砥石での研ぎは終わりです。特に刃の先端、左右の角が砥石にしっかり当たっているかどうかを注意して見るようにしてください。

焼結ダイヤモンド砥石で研いだ状態では、平面が出ているものの細かい研ぎ傷がついている状態になっています。これは顕微鏡(x100)で観察するとよくわかります。

焼結式ダイヤモンド砥石#6000の研ぎ上がり(x100)
焼結ダイヤモンド砥石#6000の研ぎ上がり(x100)

このままでは刃先を研いだ時に傷が影響してしまうので、さらに細かい砥石で仕上げをしていく必要があります

ポイント

研ぎの結果は肉眼ではわからないことがとても多いので、闇雲な試行錯誤になりがちです。私はそれが嫌なので、研ぎの結果は顕微鏡で観察して評価するようにしています。

私が使っている顕微鏡は下で紹介している安価なものです。これがあるだけで、仮説→実験→考察という科学的アプローチで研ぎを改善することができるようになります。

2. 仕上げ砥石で研ぎ傷を消す

#8000程度の仕上げ砥石で裏を研ぐ
#8000程度の仕上げ砥石で裏を研ぐ

次に、あらためて仕上げ砥石で刃裏を研ぎます。焼結ダイヤモンド砥石による傷が刃裏についてしまっている状態なので、その傷を消すことが目的です。

私はここでシャプトン黒幕#8000を使っています。

シャプトン黒幕#8000は刃裏の仕上げ砥石として十分な性能を持っていますが、通常の人造砥石なので次の点に十分に注意します。

  • 事前にしっかりと面直しをして、砥石の表面を完全な平面にしておく
  • 研いでいる最中もこまめに面直しを行い、平面が崩れないようする
  • 水を多めに使い、砥泥を出して泥で研ぐようにする

一つ目と二つ目の注意点は、刃裏の平面を崩さないようにするために必要な絶対条件です。過去に書いた記事で面直しのポイントを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

三つ目の注意点は、砥石で研ぐときに起きている『研削』と『研磨』という二つの作用が判らないとピンとこないと思うので、詳しく説明していきます。

砥石の研ぎ方には二種類ある ~研削と研磨について

砥石で刃物を研ぐときには、実は二つの研ぎ方があります。

砥石の泥を残して研ぐか、泥を洗い流して研ぐか、の二つです。

そもそも砥石の泥は何なのかというと、砥石に含まれる研磨剤が砥石から脱落して水に混ざっている状態です。

この泥の上で刃物を滑らせるように研ぐと、細かい研磨剤粒子が金属表面を磨いている状態になり、表面は傷の少ない滑らかな仕上がりになります。この作用を『研磨(けんま)』と呼びます。

一方で、泥が無い砥石の上で刃物を動かすと、刃物は砥石に埋め込まれている研磨剤に直接ぶつかってゴリゴリ削られて、表面は傷だらけの粗い仕上がりになります。この作用を『研削(けんさく)』と呼びます。

今回は焼結ダイヤモンド砥石の傷を消すことが目的なので、泥を多めに残して傷を消すような研ぎ方をするのが良いというわけです。

さくや

刃物を大きく削りたいときは泥を使わずに『研削』、表面をきれいにしたいときは泥を残して『研磨』

って使い分けると研ぎの効率が良くなるよ

注意

砥石の泥は、あまりに多いと刃物と砥石の間にたまって平面に研ぐのを邪魔してしまうことがあります。そういうときはいったん泥を洗い流し、面直ししつつあらためて泥を出して研ぐというのがおすすめです。

#8000の研ぎ終わり

#8000で研いだ刃裏の状態
#8000で研いだ刃裏の状態

焼結ダイヤモンド砥石で付けた細かい傷が見えなくなっていれば、#8000での研ぎも終わりです。刃先まで砥石に当たり、しっかりと平面になっていることを十分に確認してください。

この時の刃裏の状態を顕微鏡(x100)で観察すると、

シャプトン黒幕#8000の研ぎ上がり(x100)
シャプトン黒幕#8000の研ぎ上がり(x100)

上の写真のように、以前見えていた細かい傷がほとんど消えていることがわかります。この状態になっていれば裏押しとしては完了で、どんな刃物でも実用レベルで十分な切れ味が出せるはずです。

さくや

お疲れ様でした!

ん?この後にも記事が続いているみたいだけど‥

はろ子
さくや

ここからは、さくやこのは名物『こだわりコーナー』だ

でた・・無駄なこだわりコーナー

はろ子

さて、ここから先はこだわりの領域です。さらに上の切れ味を目指したり、鉋の薄削りに挑戦したりする場合に参考にしてみてください。

3. さらに上の超仕上げ砥石で鏡面にする

#12000程度の仕上げ砥石で裏を研ぐ
#12000程度の仕上げ砥石で裏を研ぐ

#8000で裏押しをすれば、実用上十分な切れ味を出すことができます。しかし実は刃裏にはまだ細かい傷があったり、真の平面にはなっていなかったりすることがあります。

切れ味で評価したとしても、やはり#8000で究極の切れ味が出るということはなく、もっと上を目指すことができると感じるはずです。

そこで、さらに上の切れ味を目指す場合は、さらに上の番手の人造砥石天然砥石で刃裏を研ぐことになります。

さきほどの写真ではシャプトン黒幕#12000で研いでいました。

これを使うと、刃裏はこのような状態になります。

シャプトン黒幕#12000の研ぎ上がり
シャプトン黒幕#12000の研ぎ上がり
ここまで鏡面に研ぎあげることができる
ここまで鏡面に研ぎあげることができる

写真で見てわかるとおり、完璧に鏡面になっていることがわかります。砥石を変えれば刃裏の状態もガラッと変わるのがわかると思います。

また、天然砥石を持っている方はぜひ天然砥石による仕上げも試してみてください。下の写真は『中山戸前』という砥石を使って仕上げているところです。

硬めの天然砥石で裏を仕上げることができればなお良い
硬めの天然砥石で裏を仕上げることができればなお良い
天然砥石で仕上げた刃裏
天然砥石で仕上げた刃裏
さくや

もうここまでくると、写真では違いがわからんw

このレベルになると見た目で語っても仕方が無いので、実際に刃を付けて切ってみて、切れ味がどう変わるかといったことを評価するしかなくなってきます。

まとめ

片刃の刃物の場合、よく切れる刃を付けるためには刃裏が完全に平面であることが重要です。さらに刃裏に傷があると切れ味に影響してしまうので、可能な限り傷を消して鏡面に仕上げることが理想です。

裏押しの方法として、私はダイヤモンド砥石で裏押しをする方法をお勧めします。この方法であれば砥石の平面精度を心配することなく、安心して裏押しをすることができます。

この方法で極めて重要となるのが、適度な研削力があり、かつ平面が崩れることのない焼結ダイヤモンド砥石です。

この焼結ダイヤモンド砥石を使って平面を作ることができれば、あとは人造仕上げ砥石を使って傷を消すだけで裏押しとしては十分です。

ただし裏スキがある刃物の場合は研ぎすぎないように十分注意してください。今回は詳しい説明を省きましたが、刃裏の平面と同じくらいに裏スキも重要です。特に和包丁や鉋は最小限の裏押しで済ませるようにする必要があります。

研ぎの道に正解はなく、終わりもありません。自分が持っている砥石で試行錯誤して、自分なりのベストな仕上げ方を探してみてください!

私のブログでは、他にも『砥石の面直し』や『治具を使った研ぎ』についての詳しい記事を紹介しています。興味があればぜひこちらも読んでみてください。

  • この記事を書いた人

さくや

DIYと木工と刃物研ぎとキャンプが趣味のシステムエンジニア。賃貸住宅のリビングでもできる『静かなDIY』をテーマにブログを運営しています。