木工と編み物、設計と道具 ~初心者向けのDIYブログ

さくやこのはのDIY

DIY 木工

すのこで簡単リメイクDIY!初心者でも電動工具なしでミニ黒板作れます!

2019年10月21日

ミニ黒板 DIY すのこ リメイク

こんにちは、このはです。

お手軽価格で手に入るすのこをリメイクした作品を紹介します。今回は家族の伝言や忘れ物防止に便利、マグネットもつけられるミニ黒板です。電動工具を使用しないので、初心者の方が挑戦しやすい内容になっています。親子での工作にもお勧めです。

作品情報

【難易度】 (初級~中級者向け)

【予算】2000円(ただし、使う塗料はわずかです)

【製作期間】約2日

【主な材料】

  • すのこ1枚
  • 鉄板(0.5x300x400) 1枚
  • KAKERU PAINT(塗ると黒板になるペンキ)
  • お好きな塗料
  • 超多用途接着剤

【主な道具】

  • 紙やすり
  • メラミンスポンジ(激落ちくん)
  • のこぎり
  • かんなとのみ(なくても大丈夫)

こんな方におすすめ

  • 初心者だけどDIYに挑戦したい
  • 電動工具を使わないで、子供も一緒に楽しめる簡単なDIYをしてみたい
  • 書いても消せる子供たちのお絵描きコーナーを作りたい

初心者でもそろえやすい!材料の準備

ミニ黒板 DIY

今回の出費のメインは鉄板とKAKERU PAINT

大掃除していたらでてきた使っていない「すのこ」。これを再利用しようとして思いついたのがミニ黒板です。

ミニ黒板を作るときに要となるのが鉄板と、塗装面がチョークで描けるようになるKAKERU PAINTです。KAKERU PAINT単体ではマグネットが使えません。今回はマグネットも使えるようにしたいので、鉄板に塗装することにしました。これでマグネットも使えるようになります。

このは
KAKERU PAINTの会社からは塗装するとマグネットも付けられるMAGNET PAINTという商品もあるけれど、お値段が倍以上します。MAGNET PAINTは3回重ね塗りした後にKAKERU PAINTを塗装するという手間がかかるので、最初から鉄板に塗装しました

また、KAKERU PAINTは色が豊富ですので、お部屋の雰囲気に合わせた色の黒板を作ることができます。なかなかお目にかかれない、ミカン色の黒板を作ることにしました。

そしてもう一つ、今回のDIYを可能にしたのが超多用途接着剤です

鉄板と木材を接着するにはこれを使います。木工ボンドと違いオープンタイムが必要な接着剤ですので、裏の使い方を見ながら使いましょう。簡単に鉄板と木材がしっかりくっつきます。

すのこの加工

電動工具は使わない!すのこをのこぎりでカット

 

すのこ 切り方

すのこの切り方

すのこ 切り方

すのこの組み立て方

まず初めに、イラストの通りにすのこをカットします。カットするのはこの二か所のみ!今回、家にあったすのこは750x330(mm)だったので、イラストのように60mmと430mmのところでカットしました。短くカットした上の部分は、チョーク置き場になります。写真の丸で囲った部分です。
また、すのこの角は危ないので丸くやすりがけしました。

中級者向けのちょっと一工夫

ここで中級者向けの作業を紹介します。
カンナを持っていたら、チョーク置き場にあたる部分の面取りをします。

ミニ黒板 DIY

赤く塗った部分だけ面取りします

ミニ黒板 すのこ DIY

カットしたもう一つのすのこの桟も、写真のように面取りします

カットしたすのこの上の部分の桟も、写真のように面取りします。そうすると、二つのすのこを組み合わせたときにくぼみになって、チョークが転がりにくくなります。

そしてもう一つの工夫がこちら。壁に掛けるときのフックがずれないように、ノミで削りました。

ミニ黒板 すのこ DIY

初めにのこぎりで切り込みを入れます

ミニ黒板 すのこ DIY

使うフックの幅だけのみで削ります

ミニ黒板 すのこ DIY

幅ぴったりのくぼみのおかげで、フックがしっかり固定されます

家庭にノミやカンナがない場合は、壁につけるときのフックを変えたり、すのこの部分に穴をあけて紐で吊るしたりと方法を変えれば大丈夫です。

すのこの組み立てとパテの穴埋め

ミニ黒板 すのこ DIY

メインすのことカットした上の部分の桟部分を木工ボンドで接着します

パーツがそろったら組み立てます。といっても、すのこの切れ端とメインのすのこ部分を木工ボンドで接着するだけです。

ミニ黒板 すのこ DIY

桟と桟をくっつけたところは、どうしても隙間ができてしまう

くっつけてみると、桟と桟の接合部分に小さい隙間ができてしまいます。気にならない部分なのでこのままでもいいのですが、穴埋め用パテで穴埋めしました。パテで穴埋めすると、塗装の時に液たまりになりにくいメリットがあります。

ただし!注意!!ウッドパテはステイン系の塗料が染みこみません。ステイン系の塗料(例えばワトコオイルなど)を使うとパテの部分だけ色が染みこまないのでまだら模様になりますので、ステインで塗装を考えている場合は使わないほうが無難です。ペンキなどの塗料で塗る場合は問題ありません。

このは
ウッドパテは持っているとDIYの様々な場面で活躍します。DIYだけではなく、家の補修修繕にも役立ちます。値段もお安い!

ミニ黒板 すのこ DIY

木材に穴が開いたときに、手軽に補修できます

ミニ黒板 すのこ DIY

すきま部分をウッドパテでふさぎました。この部分はnuroという水性塗料で塗るので色むらはできません

すきま部分をウッドパテで埋めました。チョーク置き場にあたるこの部分は、ベッド下収納を作ったときに使ったnuro水性塗料で塗るので、塗装後はパテの部分は隠れてしまいます。色むらにはなりません。

親子で作業すると楽しい!すのこと鉄板の塗装

鉄板をKAKERU PAINTで塗装

ミニ黒板 すのこ DIY

いよいよ鉄板にKAKERU PAINTで塗装します

ミニ黒板 すのこ KAKERU PAINT

一回塗っただけだと跡が目立ちますが、重ね塗りをすると目立たなくなります

鉄板をKAKERU PAINTで塗装します。塗った感じはドロドロしています。写真のように刷毛跡がつきやすいのですが、二度塗りするとそんなに気にならなくなります。今現在使用してみて、チョークが引っかかるなどの不具合はありません。

すのこはVINTAGE WAXで塗装

すのこの塗装ですが、手持ちの使いかけ塗料がたくさんあったので塗装実験をしました。すのこを切った真ん中の部分が少し余るので、塗ってみました。

ミニ黒板 塗装実験

塗装実験の結果、今回はVINTAGE WAXのウォルナットにしました



すのこの塗装は、黒板の色とも兼ね合わせてお好みで!今回は塗装試験の結果、写真左上のVINTAGE WAXのウォルナットに決めました。チョーク置き場にはベッド下収納を作ったときに余ったNURO(白)を使うことにしました。

このは
塗装する部分が少ないので、余ってる塗料があれば使うチャンス!
すのこ 黒板 塗装

塗りたくない部分はマスキングテープで保護

すのこ部分はVINTAGE WAXを塗ります。メラミンスポンジで塗りこんで、いらない布で磨きます。チョーク置き場の部分と上の桟の部分はnuroで塗装するので、VINTAGE WAXがつかないようにマスキングテープで保護しながら塗り分けました。

このは
メラミンスポンジで塗りこむので、子供でも塗装できます。手につかないように使い捨て手袋を使うことをお勧めします
すのこ 黒板 塗装

すのこの切れ端を適当なサイズにカットして使ってます

鉄板を張り付ける部分は、隠れてしまうので塗装しなくて大丈夫です。

忘れてはならないのが、すのこをカットした時にできた真ん中部分の切れ端です。これは鉄板の角を保護するのに使うので、同じようにVINTAGE WAXで塗装しました。

このは
すのこの切れ端は鉄板の角を保護する目的で張り付けようと思っています。そのままだとサイズが大きかったので、小さくカットして面取りしました。

超多用途接着剤で鉄板とすのこを貼り付ける

鉄板の角はとがっているので危ないです。すのこの切れ端を張り付けて隠します。木材を鉄板をくっつけるには超多用途接着剤を使います。

ミニ黒板 DIY

鉄板と木材を接着できる超多用途接着剤

使い方は簡単。貼りたい材料の両面に接着剤を塗ったら5分そのままにし、5分後に貼り合わせます。軽く押さえれば鉄板と木でもしっかりくっつきます。

すのこ 黒板 超多用途接着剤

両面に塗ったら5分置いてから貼り合わせます

この接着剤で、鉄板の四隅を隠したら、すのこ本体と鉄板も同じように貼り合わせます。

すのこをリメイクしたミニ黒板の完成!

ミニ黒板 DIY

マグネットもくっつく!オリジナルのみかん色黒板の完成

黒板といえば学校の緑色を想像しますが、KAKERU PAINTの豊富なカラーリングのおかげでカラフルな黒板を作れます。色の紹介はこちらのリンクからどうぞ。

部屋の雰囲気に合わせやすいですね。鉄板に塗装することでマグネットも使えるようになりました。マグネット機能が必要なければ木材に塗装して、お絵描き板になります。

桟の部分を面取りして貼り合わせているので、チョークを置いても転がり落ちません。

ミニ黒板 DIY

面取りした溝のおかげで、チョークが落ちません


最後におすすめなのがこれ、POPゲルチョークです。黒板がカラフルならチョークもカラフル、8色も展開されています。このチョーク、書いても粉は出ないし、柔らかい書き心地、そして消すときは水拭きでさっと消せる。特に子供部屋に黒板を作った場合、ゲルチョークはお勧めです。

このは
黒板は緑、チョークは白だけじゃない!好きな色の黒板とカラフルなチョークで伝言やお絵描きを楽しもう!

——— カテゴリ別記事一覧 ———

さくやこのはでオリジナルキャラを作ってみませんか?

SNSやブログで使えるオリジナルキャラを作成します 小物・表情差分・文字入れ無料☆趣味や職業にあわせてデザイン可
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

このは

イラストと初心者向けのDIY担当。ココナラとスキルクラウドにてイラスト作成依頼を受け付けています。ブログをイラストで盛り上げ中。編み物を含めた裁縫全般の記事も書いてます。競技かるたもやってますので、「さくやこのはな」の歌はとてもなじみ深いです。

-DIY, 木工

Copyright© さくやこのはのDIY , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.