木工と裁縫・編み物、ときどきキャンプ

さくやこのはのDIY

DIY 木工

カフェ風キッチンDIYへの第一歩!お洒落な収納を賃貸でも

更新日:

ディアウォール キッチン 棚 カフェ風 DIY

こんにちは、このはです。
前回の記事の続きになります。

今回はキッチン側の壁の使い方です。
カフェ風の、見せる壁面収納もディアウォールでできます!

こんな方におすすめ

  • 実用的でありながらも、キッチン周りをかっこよく見せる収納をしたい
  • お部屋にほっと一息、カフェスペースが欲しい
  • 何かとごちゃつくキッチン周りをすっきり見せたい

 

キッチンに見せる収納と実用性をディアウォールで作る

今回はLDKのキッチン側の紹介です。
手持ちの家電の大きさに合わせた収納スペースを確保しつつ、壁面収納を用いて見せる収納を、ディアウォールで作り上げるまでを紹介します。

今までキッチン周りの収納方法といえば、とにかく隙間を利用して隠してしまう収納でした。
けれど、キッチン用品は形大きさも様々。スタックして収納は難しいです。
それに、よく使うものは毎回出し入れも面倒( ^ω^)・・・

と、なれば挑戦してみたくなるのが「見せる収納」です。
それには壁面収納が欠かせません。
やっぱりここでも我らが救世主「ディアウォール」の登場です!

手持ちの電化製品のサイズを測り、イメージを描く

キッチン 棚 イメージ図

完成イメージ図にサイズを書きこむ

キッチンシェルフ イメージ図

下の棚には電子レンジを置く予定です

さくや
ちなみに、このイメージ図は私が書きました

とにかく、作りたい棚のイメージを描いてみます。
手持ちの家電や収納したいもののサイズを測り、それに合わせて棚板の高さなどを設計します。

作成に必要なものをリストアップ

今はCADがあるので一発リストアップできますが、このころは手書きでした。
CADは便利ですね。

キッチンシェルフ 設計図 木とり図

ホームセンターで材料を購入するための書き出しです

キッチンシェルフ 設計図 木とり図

天板はパイン集成材を使用しました

電子レンジを乗せる台と天板を支えるために、赤松の角材を使いました。
当時はアジャスターを付けようと思ってましたが、アジャスターを付ける技術がないので諦めました。
木材カットはホームセンターのカットサービスを使いましたので、アジャスターの必要はなくなりました。

キッチンシェルフ 材料

カットはホームセンターにお任せしました

仕上がりを左右するサンダがけと塗装

材料がそろったら、サンダがけと塗装を行います。
240番の紙やすりで木材の表面を滑らかにします。
面積があるので、電動サンダがあると楽かもしれません。

しかし、音と粉塵が出るので、賃貸暮らしの人は普段からのご近所付き合いを密にしておきましょう('◇')ゞ
いやいや私は静かにサンダがけしたいという人には、こんなのもあります。

塗装は、おなじみワトコオイルの「ドリフトウッド」とブライワックスの「アンティークマホガニー」です。

ワトコオイルをしみこませたら、余分なオイルを布でふき取り、
よく乾燥させて、ブライワックスをスチールウールで伸ばしながら塗り、
最後に乾いた布で磨きます。

ワトコオイル ブライワックス パイン集成材

出来上がり時のきれいな木目とつや!

ディアウォールで柱を作り、キッチンシェルフの組み立て

材料の準備が整ったら、いよいよ組み立てです。
ディアウォールの説明をよく読み、柱を二本立てます。

キッチンシェルフ DIY 組み立て

水平器を使って平行になるよう棚を付けます

イメージ図の通りに、棚板を使って棚を取り付けます。
水平をとる人と、ビスを打つ人の二人いると作業が楽です。

キッチンシェルフ DIY 組み立て

すべて打ち付けて完成です!

ディアウォールでDIYしたキッチンシェルフで、見せる収納を

ディアウォール キッチン 棚 カフェ風 DIY

よく使う家電を設置したら、あとはお気に入りを収納しよう

ディアウォール キッチン 棚 カフェ風 DIY

余った端材で、キャスター付きの米や重いもの置き場を作りました

このは
あとは自分の感性趣味本能のままに!
100均の木製トレーに、余ったワトコオイルやブライワックスで塗装するだけで統一感が生まれます
ディアウォール キッチン 棚 カフェ風 DIY

100均の木の箱やタオル掛けをアレンジ

熊 鮭 炭

熊を探してみよう

このは
感性と趣味と本能( ^ω^)・・・!?

ディアウォールで見せる収納と棚と壁面収納が完成!

DIYの良いところは、ぴったりサイズの収納ができることと思います。
特に、賃貸物件は一軒家ほど広くないので、限られた空間を上手に使うしかありません。
その一つが、上の空間を利用する壁面収納だと思います。
ディアウォールのおかげで、叶いました。

今回キッチンの棚を作りましたが、ボンドを使用してないので、
引っ越しの際はばらすことができ、
引っ越し先で再活用できます。

引っ越した先でも、新居に合わせたアレンジがきく
それもDIYの魅力だと思います。

-DIY, 木工

Copyright さくやこのはのDIY 2019 All Rights Reserved