木工と裁縫・編み物、ときどきキャンプ

さくやこのはのDIY

DIY 木工

子供用ベッドを2x4で自作しよう! ~予算3万、賃貸暮らしでもできる3段ベッドDIY《記事一覧》

更新日:

さくやです。

二段ベッドや三段ベッド、憧れますよね。
でも、市販のものを購入しようと思うと値段が高くて買えない・・
そう思っているなら、DIYで自作してみませんか?

この記事では、私が作成した子供用三段ベッドを例に挙げて、
初心者でもできるように設計、準備、組み立て、塗装までのすべての手順について説明します。

今回使用するのは、ホームセンターで販売されている2x4と1x4、ベニヤ合板が中心です。
ホームセンターを活用することで材料費を抑え、製作難易度も低くすることができました。

結果的に、
材料費は3万円以下(マットレス費用を除く)、製作期間は2~3日間でした。
安全性には特に気をつかっていて、JIS規格を参考に設計を行っています。

子供用三段ベッドがメインですが、
大人用でも、二段でも、応用はできますのでぜひ参考にしてみてください。

こんな方におすすめ

  • DIY初心者だけど、ベッドを自作したい
  • ベッドを作りたいけど、安全性とか耐久性が気になってしまう
  • 2x4を使って低コストで作ってみたい

子供用ベッドを自作しようと思ったきっかけ

私がDIYを始めたばかりのころ、
子供用のベッドを作ろうと思っても

  • ちゃんとした、安全なベッドの作り方がわからなかった
  • 本や雑誌には、見た目をよくする方法しか書いてなかった
  • Google先生に聞いても教えてくれなかった

という壁がありました。

案外ないものですよね、安全性とか耐久性とかコストについて
ちゃんと考えたうえでベッドを作っている記事って。

当時DIY初心者だった私には、
詳しい作り方の書いていないブログを見てもよくわかりませんでした。

さくや
きれいに撮影された写真はでてくるんだけどね・・作り方がわからなくて、真似できないと思った

でも結果的には、
いろいろ調べ、考えたことで、自力でベッドを作り上げることができました。

賃貸住宅、六畳一間に子供三人

私には子供が三人います。
娘が二人(十歳と六歳)、息子が一人(四歳)です。

我が家はたいして広くもない普通の賃貸。
部屋数は少ないので六畳の子供部屋(洋間)は三人で共用
夜は三人とも床に布団を敷いて寝ていました。

夜は、子供たちがなかなか寝れない

すると、子供をお持ちの方は想像に難くないと思いますが、
寝る時間になると毎晩のようにけんかが始まるんですよね。

『ふとんがひけない~』『じゃましないで!』
『今日はウチがこっちに寝たい!』
『寝相がわるいからあっちいってよ!』

誰が悪いというわけでもないのですが、
こぜりあいが続いてなかなか寝付けないことが頻繁にありました。

子供が大きくなれば、部屋はさらにせまくなる・・

そしてさらに、子供が小学校に上がると
度は勉強机が必要になってきました
それもいずれは三人分

六畳一間に机三つ並べたら、布団三組は敷けないですよね・・
どうすりゃいいんだ。みんなどうしてるの?
すでに詰んでない? これリアルで無理ゲーですか?

さくや
まぁ、無理ゲーは好きなんだけどねw

狭い部屋をぐるっと見回して悩んでいたとき、
ふと部屋の上半分、つまり天井付近の空間がまったく活用できていないことに
気づきました。

子供用三段ベッドについて下調べ

布団を縦に敷く?それって二段・・
いや、子供が三人だから三段ベッドってこと?
そんなもの世の中にあったっけ??

ためしに三段ベッド購入の下調べをしました。
案外、あるにはあるものの安いパイプ製ベッドでも三万円、
これいいなと思える木製ベッドなら十万円は下らない。

しばらく探し続けたのですが、
どうしても、買いたいと思える三段ベッドは見つかりませんでした。

さくや
よけいな飾りはいらない。
とにかくシンプルで、頑丈で、安くて、
そして木のぬくもりが感じられるベッドが欲しかった

もう、こうなったら自分で作るしかない!!

と思い立ったのが、三段ベッドを作りはじめたきっかけです。

DIY初心者でも、子供用ベッドを作ることができた!

当時の私はDIYを始めたばかりで、
本格的な設計はしたことがありませんでした。

でも子供に使わせる家具でヘタなものを作るわけにはいかない
ということで初めて本格的な設計にチャレンジとなりました。

さくや
自分みたいな素人が作ったベッドで、
子供が怪我でもしたらどうしよう・・とずいぶん悩みました。
誰かが保証してくれるはずもないから、自分が納得できるところまで
考えるしかなった。

安全性に気を付けて、JIS規格を参考にして設計

自分が作る家具で、子供にけがをさせるわけにはいきません。

ベッドの安全性についてはJIS規格(日本工業規格)を参考にして、できる限りの注意を払いました。
設計記事の中では具体的にどのような点に注意したのかをまとめています。

全体図
子供用ベッドを2x4を使って自作しよう! ~安全性、耐久性を重視した設計方法について

さくやです。 前回は概要について書きましたので、今回からは具体的な部分について詳しく書いていきます。 今回は子供用ベッドの安全性、分解&組み立て(セパレート)可能式にするための方法など、設計の際に考え ...

続きを見る

ポイントとなるのは

  • 床板の耐荷重性
  • 手すりの高さ
  • はしごの大きさ

です。

床板については、重量のある木材を多数使えば頑丈な床板を作ることは可能です。
しかしその方法では材料費が高くなり、組み立ても大変になり、
床板への負荷(重さ)も大きくなってしまいます。

できれば軽い素材で頑丈なすのこを作りたいところ。

そこで私は、ホームセンターで販売されている『ラワンベニヤ合板』
(一枚1400円程度)を活用する方法を採用しました。

ラワンベニヤ合板は見た目が美しいものではありませんが、
すのこの上にはマットレスを乗せる前提なので、見た目は気になりません。

薄くて強度のある合板を最大限活用することで、
コストを押さえつつ強度のある床板を実現しています。

耐久性を確保するため、2x4と1x4を最大限活用

床板の次に気になるのが、全体の枠組みの強度です。
子供が使う家具なので、ちょっとやそっとで壊れては困ります。

この点については、住宅建築でも実際に使われている2x4と1x4を活用し、
たとえ大人が乗っても壊れない、頑丈なベッドになるようにしました。

ただし、2x4も使いすぎればコストと重量に悪影響が出ます。
最小限の材料で、十分な強度を得られるように2x4と1x4の特性を活かした設計を行っています。
こちらについては、設計記事の中で詳しく紹介しています。

全体図
子供用ベッドを2x4を使って自作しよう! ~安全性、耐久性を重視した設計方法について

さくやです。 前回は概要について書きましたので、今回からは具体的な部分について詳しく書いていきます。 今回は子供用ベッドの安全性、分解&組み立て(セパレート)可能式にするための方法など、設計の際に考え ...

続きを見る

設計図と木取り図の作成では、無料で始められるCADソフト(caDIY3D)を利用

設計図を手書きで作成するのは大変です。
今回のように部品数が100を超えるような家具を作る場合は、
手書きの設計書は現実的ではありません。

特に、三段ベッドのように1つ設計したら3回繰り返すような特徴がある家具の場合は、
コピー&ペーストが使えるPCでの設計の方がずっと楽です。

そこで今回は「caDIY3D」というソフトを使用して設計図と木取り図を作成しました。

caDIY3Dは初心者でも簡単に扱えるDIY設計ソフトで、
実際に私も初めて使いましたが、なにも困ることなく使いこなすことができました。

CADソフトを使ったことの無い方にとっては抵抗感があるかもしれませんが、
最初は無料で使い始めることができるので、とりあえずためしてみることがおすすめです。 

caDIY3Dの画面説明と基本的な使い方については、以下の記事で詳しく説明しています。

これがCADの真骨頂!
はじめてでも直感的に使えるDIY設計ソフト 『caDIY3D』の紹介

かんたんに直感的に使えて、しかも無料ではじめることのできるDIY設計ソフト『caDIY3D』のご紹介です。設計、木取り図作成をものすごく!かんたんにしてくれるソフトです。DIY初心者の方にはもちろん、これまで苦労されてきたベテランの方にもおすすめです。

続きを見る

また、caDIY3Dを使って具体的にベッドを設計する様子を、
動画を多く交えて以下の記事で詳しく紹介しています。

コピペを使ってサクサク進めよう
はじめてでも直感的に操作できるDIY設計ソフト 『caDIY3D』の使い方 ~実際の操作と注意点について

caDIY3Dを使うコツは、材料を一つ置いた後は『コピー&ペースト』を繰り返すことです。慣れるとサクサク操作できますので、楽しくなってきますよ!この記事では、三段ベッドを例に具体的な操作方法についてご紹介します。

続きを見る

ベッドの具体的な寸法と、caDIY3Dを使って木取り図を作る際のコツ

私が作成したベッドの具体的な寸法については以下の記事でまとめています。
寸法は実際に使用する部屋のサイズによって変わりますので、
寸法の考え方を重点的にご紹介することで応用していただけるようにまとめています。

また、ホームセンターで木材を仕入れるときに
木材を無駄なく活用するための木取り図作成のコツについても記載しています。

まとめてカットできる工夫
はじめてでも直感的に操作できるDIY設計ソフト 『caDIY3D』の使い方 ~木取り図の作成方法とコツ

caDIY3Dを使えば木取り図はとても簡単に作成できます。それだけでなく、効率よく木材を活用することでコストを抑えるためのチューニングも可能になります。私が実際に作った三段ベッドを例に、『木取り図作成のコツ』について書いていきます。

続きを見る

木取り図はcaDIY3Dを使えば簡単に作成することができます。
caDIY3Dを使った木取り図の作り方について、具体的な手順についてもご紹介しています。

ベッド作成におすすめの道具の紹介

ベッドを作成する際に必要となる道具や材料については、実際に私が使用したものをまとめました。

これからDIYを始める場合は道具をそろえることも難しいはずなので、
本当に必要な最低限の道具と、あれば便利なものを分けてまとめました。

例えば、今回は「ノコギリ」は必須ではありません。
木材はすべてホームセンターでカットしてもらえば済むからです。
「曲尺(さしがね)」も「インパクトドライバー」も必要ないのです。

道具がないからDIYをしない、というのはとてももったいない話です。
最低限の道具があれば、あとは工夫でカバーすることができますので、
ぜひ最低限の初期投資でDIYを始めていただきたいと思っています。

tools
子供用三段ベッドの自作 ~DIYでおすすめする道具について

三段ベッドを作るために必要な最低限の材料と道具について説明します。あわせて、私が使用しているおすすめの道具も紹介しますね。

続きを見る

実際のベッド組み立て手順

実際にベッドを組み立てた工程を、以下の記事でまとめました。

子供用三段ベッドを2x4を使ったDIYで自作しよう! ~組み立て手順と塗装

子供用の三段ベッドを、2x4材を使って自作しました!組み立て手順と注意点についてまとめています。

続きを見る

まず最初に行う材料のチェック、
床板の組み立て方、すのこの張り方、柱の立て方などを、
可能な限り写真を交えてご紹介しています。

こういった家具は、一人で作るよりは家族全員で作った方が楽しいです。
我が家も妻と子供達全員で楽しく組み立てることができました。
自分で組み立てた家具は、どんな家具よりも愛着がわくものです。

また、木が持つ無垢の温かみを活かすための塗装方法についても紹介しています。
塗装については自由なので、私の方法を参考に自由に塗っていただければ大丈夫です。

まとめ

今回のベッド製作では、構想を練って設計までが約一週間、
材料調達~組み立てで約二日間、
あわせて一週間とすこしでベッドを作り上げることができました。

市販品やJIS規格を参考にしつつ設計の方針をまとめられたこと、
はじめてでも使いやすいCADツールに助けられたこと、
あとは子供たちに手伝ってもらって楽しく組み立てられたおかげでした。

ホームセンターで手に入る2x4材を中心に作成したので、
製作コストも3万円以下で済んでいます!
(マットレス代を除く)

さくや
子供たちが、出来上がったベッドで
よろこんで昇ったり降りたりしているのを見たとき、
あぁ作ってよかったなと心底思いました。

ぜひ、DIYの経験がない方にも試していただきたいと思って記事を書いています。
もしわからない点があれば、Twitterかコメントでご連絡ください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さくや

DIYが趣味のシステムエンジニア。最初は子供三人のために家具を作っていましたが、最近は西洋かんなとジグを使った木工がメイン。DIYを始める人を応援したくてTwitterとブログを開設しました。 現在『DIYアドバイザー』資格に挑戦中!

-DIY, 木工

Copyright さくやこのはのDIY 2019 All Rights Reserved