道具・治具

ベンチバイスの取り付け方(2) ~市販のテーブルを本格ワークベンチに改造!?

ベンチバイスの取り付け方

さくや(@sakuyakonoha77)です。

本格的な木工作業をしようと思うと、欲しくなる道具、ベンチバイス

しかし狭い賃貸住宅では、ベンチバイスの付いたワークベンチ(作業台)を置くことなんてできるはずもありません。

・・・でも、ワークベンチは無理でも、ベンチバイスだけを使う方法はないものか。

もしかして、リビングのテーブルに取り付けてしまえばいいのでは??

と思いついてしまったのが、今回の挑戦のきっかけでした。

さくや
こんなムチャができるのも、DIYの面白さだよね!
破天荒というか常識外れというか・・
はろ子

市販のダイニングテーブルへのベンチバイス取り付けという前代未聞のチャレンジ。

テーブルの構造や形は様々なので臨機応変な対応が必要になりますが、流れさえわかってしまえばどのようなテーブルにも取り付けることができると思います。

今回はその一部始終と、取り付けの際のポイントを詳しくご紹介します!

ベンチバイス取り付け

今回ベンチバイスを取り付けるテーブルは、我が家のリビングにあるダイニングテーブルです。

我が家のダイニングテーブル

我が家のダイニングテーブル

さくや
ちなみにIK○A製だ
いわゆる組み立て家具だね!
はろ子
さくや
そして中央の市松模様はシールだ
フェイクだった!?
はろ子

ベンチバイスを取り付けられるテーブルの条件

どのようなテーブルにも取り付けられるとは言いましたが、多少の加工が必要になりますので加工できる材質であることが条件になります。

木製であれば全く問題なしですが、木製っぽく見えなくても中が合板パーティクルボード(木のチップを圧縮したもの)であることも多いので、気になる方は自宅のテーブルを調べてみてください。

天板の厚さがある程度必要にはなるものの、そこはスペーサーを入れれば対応できることを前回説明しました。

ベンチバイス取り付けイメージ
ベンチバイスの取り付け方(1) ~取り付け位置とスペーサーについて

ベンチバイス取り付けの全体の流れと、取り付け位置の考え方、取り付け前の準備について説明します。2x4材を積層してスペーサーを作る方法も詳しく紹介しています。

続きを見る

さらに、ベンチバイスを取り付ける面は平面になっている必要があります。たとえば我が家のダイニングテーブルの場合、天板の縁が少し突き出た形になっていますので一部欠き取らなければなりません。

天板の縁が突き出ていると、ベンチバイスを取り付けることができない

天板の縁が突き出ていると、ベンチバイスを取り付けることができない

はろ子
このテーブルはなにかシートをかぶせてるの?
あぁ、透明のシートをかけてる。ベンチバイスを取り付けるときは、もちろん外す必要があるね
さくや

また、家具によっては組み立て金具が取り付けられている場合もあります。我が家の場合はテーブル裏面の四隅に金具があり、幕板(テーブル裏面を支える四角い枠)には数か所に天板固定用のビスが埋め込まれています。

ベンチバイスを取り付ける際は、こういった組み立て金具を避ける必要があります。

テーブル組み立て金具を避ける必要がある

テーブル組み立て金具を避ける必要がある

はろ子
後ろに見える本棚が気になるな~
あれは我が家のD&Dコレクションw

本棚の作り方は過去記事で紹介しているよ

さくや
壁面収納 設計
壁一面に棚をDIY!本棚と黒板付きの壁面収納の作り方

こんにちは、このはです。 家の中のちょっとした隙間を有効活用して、壁一面に壁面収納を作りました。 下段は本をディスプレイ ...

続きを見る

それでは、さっそく天板の加工について詳しく見ていきます。

テーブル天板の加工

ベンチバイス取り付け位置を決めて墨付け

まずはベンチバイス取り付け予定位置に、ベンチバイスの幅で墨付けして切り欠き位置を決めます。

天板の突き出ている部分を、ベンチバイスの幅で切り落とす

天板の突き出ている部分を、ベンチバイスの幅で切り落とす

上の写真で×印をつけた範囲が切り落とす個所です。この線は目安なので、そんなに厳密である必要はありません。

テーブルの天板を切り欠き

位置を決めたら、いよいよテーブルにノコギリを入れていきます!

さくや
さすがに、市販の家具にノコギリを入れるのは複雑な気持ちだったよ
これもだれかが作った作品だからね~
はろ子
直角切り治具を使って、両端にノコギリを入れる

直角切り治具を使って、両端にノコギリを入れる

両端は正確に切りたかったので直角切り治具を使っています。直角切り治具についてはこちらで詳しく紹介しています。

直角切り治具
直角切り治具(ノコギリガイド)の作り方
DIYで木材を直角に切る方法 ~ノコギリ用直角治具(簡易版&高精度版)の作り方

2x4材をノコギリで切ったときに『あちゃ~、曲がっちゃった』という経験はありませんか?カンや経験に頼らなくても、だれでもまっすぐ、直角に切れる方法があります。この記事では、直角に切るためのガイド(ジグ)についてご紹介します。

続きを見る

ノコギリで切り込んだら、次は毛引きでベースライン(幕板の位置)の切り込みを入れます。毛引きが無い場合は定規&カッターでも構いません。

ここはあとで鑿の刃を挿し込むのでしっかりと筋を付けるのがコツです。

毛引きでベースラインの筋を付ける

毛引きでベースラインの筋を付ける

この部分を鑿を落としていくのですが、すべてを一度に落とすのは大変なので、あらかじめノコギリで切り込みを入れておきます。適当で大丈夫ですが、ベースラインを超えないように注意します。

ノコギリで切り込みを入れていく

ノコギリで切り込みを入れていく

切り込みを入れてから鑿で欠き取る

切り込みを入れてから鑿で欠き取る

ノコギリで切り込みを入れたら、鑿で欠き取っていきます。まずはベースラインから1~2mm程度離れた位置で大まかに欠き取ります。

このとき木材の破片が飛び散ってしまうので、私はあらかじめ養生テープを貼っておきました。欠き取った木材が落ちないので片付けが楽になります。

ベースラインから少し離れた位置に鑿を入れる

ベースラインから少し離れた位置に鑿を入れる

大まかに切り落としたら、ベースラインの筋に鑿の刃を差し込んで、そのまま切り下ろします。

ベースラインに鑿の刃を差し込んで切り下ろす

ベースラインに鑿の刃を差し込んで切り下ろす

さくや
幕板にノコ跡が付いたのが気になるな・・
そこって見えなくなるんじゃないの?
はろ子
さくや
そうなんだけどね。あらかじめ養生テープとか貼っておけばよかった
机の天板を切り欠いたところ

机の天板を切り欠いたところ

これで天板の切り欠き加工が完了です。

さくや
ちなみに、この家具を切ったときはとてもいい香りがしたよ
どんな?
はろ子
さくや
ヒノキみたいな香り。もしかしたらレッドシダーなのかもね

ベンチバイスを取り付けるためのボルト穴を空ける

天板の加工が終わったら、次はベンチバイスを取り付けるためのボルト穴を空けます。このボルト穴の位置は正確である必要があるので、現物合わせとドリルガイドで正確に加工します。

ベンチバイスを逆さに乗せて輪郭とボルト穴の位置を写す

まずは、天板の切り欠きに合わせてベンチバイスを逆さまに乗せます。ベンチバイスの形と、ボルト位置を写し取るためです。

ベンチバイスを天板に乗せて、輪郭を写し取る

ベンチバイスを天板に乗せて、輪郭を写し取る

ちなみにここで使用しているベンチバイスは、Lee Valley製のものをカナダから直輸入しています。その選び方と輸入方法についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

ベンチバイスの選び方と購入方法
木工用ベンチバイスとは ~木工バイスの選び方と購入方法について

木工をしていると、木材を思うように固定(クランプ)できなくて苦労するときがあります。こういうときは木工用のベンチバイスが欲しくなります。この記事では私がどのようにしてベンチバイスを選び、購入したかについてご紹介します。

続きを見る

ベンチバイスを載せたらしっかりとテーブルに押し付けて位置を決めて、そのまま輪郭線を鉛筆で写し取ります。

輪郭を写し取ったら、あわせてボルト穴の中心も確認しておきます。

ベンチバイス側のボルト穴はM12規格(直径12mm)用なので、直径12mmドリルビットを穴に挿し込み、グリグリ回して先端で軽く掘る感じです。

ドリルビットを差し込み、穴の中心に印をつけておく

ドリルビットを差し込み、穴の中心に印をつけておく

ベンチバイスの輪郭とボルト穴の中心を写し取ったところ

ベンチバイスの輪郭とボルト穴の中心を写し取ったところ

なお、今回はボルト&ナットでベンチバイスを取り付けることにしました。しかしどちらかと言うと、ボルトではなくコーチスクリューを使って取り付ける方法が一般的です。

天板の厚みがそもそも厚いのであれば、天板裏面に下穴を空けて直接コーチスクリューを打ち込めばよいというわけです。

はろ子
コーチスクリューって?
とても太い六角ネジと言えばいいかな。ホームセンターでも大抵置いているけど、あまりメジャーではないので意識しない人も多いかも
さくや
はろ子
どんな時に使えばいいの?
実は私は使ったことないけど(笑)、木ネジでは弱くて、ボルトほどの強度が必要ないときに使うらしいよ
さくや

私の場合、今回はコーチスクリューを使うことができない事情がありました。そもそも天板の厚みが足りず、追加するスペーサーは天板に固定されていないからです。

スペーサーを天板に取り付けて、そのスペーサーにコーチスクリューで・・とすると手間がかかる上に強度にも不安が残ります。

さくや
天板にたくさんのビスを打つというのも美しくないしね
食卓にビスがたくさん・・それはヤだわぁ~
はろ子

そこで、天板とスペーサーとベンチバイスを、ボルト&ナットで挟んで締め付けることにしました。

スペーサーをクランプし、ドリルで貫通穴を空ける

穴あけの位置が決まったら、クランプを使って裏面にスペーサーを固定します。

テーブルの裏にスペーサーをクランプ

テーブルの裏にスペーサーをクランプ

さくや
ここでは接着剤は使わないよ
なんで?
はろ子
さくや
いつかテーブルを捨てるときに、バラせないと困るからね

バークランプとFクランプを使って、前後、上下とクランプしていきます。このあとのドリルで加工でずれることが無いよう、しっかりと固定します。

固定したら天板側から穴を空けていきます。今回はボルトで固定しますが、天板側にくるボルトの頭を天板面に埋め込みたいので、まずは座繰り穴からあけていきます。

直径12mmの六角ボルトの頭は、最大径が約22mmです。ちょう径22mmの穴あけビット(神沢鉄工のX.Bit)を持っていたので、こちらを使いました。

サイズ可変式フォスナービット(神沢鉄工)

サイズ可変式フォスナービット(神沢鉄工)

さくや
このビットはサイズが可変なんだよ。22mm~30mmまで対応できるから、持っているととても便利

このビットを使ってドリル加工を行いますが、今回は精度よく加工したいのでドリルガイドも使いました。

ドリルガイドに、電動ドリルとドリルビットをセット

ドリルガイドに、電動ドリルとドリルビットをセット

さくや
神沢鉄工のドリルガイド、いつもお世話になってます!

ドリルの深さを決めたら、天板に座繰り穴を空けていきます。ドリルビットの先端を先程つけた印に合わせることで、位置がずれるのを防ぎます。

ドリルを使って天板に座繰り穴を空ける

ドリルを使って天板に座繰り穴を空ける

天板に座繰り穴を空けたところ

天板に座繰り穴を空けたところ

座繰り穴を空けたら、ドリルビットを12mmロングビットに付け替えて、今度は貫通穴を空けます。

12mmロングビットで天板に貫通穴を空ける

12mmロングビットで天板に貫通穴を空ける

ここの穴あけは垂直の精度がとても重要です。

斜めに穴を空けてしまうと、あとでベンチバイスを取り付けたときに穴の位置が合わなくなってしまいます

フリーハンドでこの加工は至難の業。しかしだからといってボール盤(正確に垂直の穴を空ける機械)が使えるわけではありません。

だからこそ、ドリルガイドを使っています。ここに限ってはドリルガイドを使うのがベストです。

天板の穴あけ完了

天板の穴あけ完了

メモ

今回は天板側からロングドリルで穴を空けましたが、その方法だと、貫通穴の出口とベンチバイス側のボルト穴がズレる可能性がありました。ベンチバイスを意図した位置に確実に取り付けるのであれば、天板の裏側から穴を空けた方が確実だったかもしれません。

ボルトを通してベンチバイスを固定

天板に穴を空けたらボルトを通し、そのままテーブルをひっくり返してベンチバイスを載せます。

ベンチバイスにボルトを通す

ベンチバイスにボルトを通す

ボルトに座金(ワッシャー)とナットを通し、ソケットレンチで締め付けます。

ソケットレンチでナットを締め込む

ソケットレンチでナットを締め込む

M12規格の六角ボルトを使う場合、ボルトの頭のサイズは19mmです。19mmのソケットレンチが必要になります。

ベンチバイスの取付完了

ベンチバイスの取付完了

奥の二つのボルトにワッシャーを入れていないのはベンチバイスの形の都合です。ボルト穴のそばに斜めの鋼材があるためにワッシャーを入れることができませんでした。しかし強度的には全く問題ありません

ベンチバイス付きテーブルの完成!

あとは、テーブルをひっくり返せば完成です!

木工用ベンチバイス(当て木を取り付ける前)

木工用ベンチバイス(当て木を取り付ける前)

はろ子
できた~っ、すごいすごい!
やればできるもんだなぁ~。我ながら驚きだ
さくや
はろ子
上に見えているボルトもカッコいいんじゃない?
私もそう思う。まぁもし気になってきたら、丸く切った木材を埋め込むことにするよ
さくや

まとめと補足

これでベンチバイスの取り付けは完了です。木製で加工可能なテーブルであれば、どのようなテーブルでもベンチバイスを取り付けることができるのではないかと思います。

ベンチバイス取り付けの流れはだいたい同じになると思いますので、ぜひご自宅のテーブルを眺めて想像してみてください。

さて、テーブルにベンチバイスを取り付けた際には、いくつか補足しておくことがあります。

ボルト&ナットの定期点検は必要

ベンチバイスはボルト&ナットで締め付けているので、そう簡単に落ちてくるものではありません。

しかしワークベンチは少なからず振動するもので、季節や湿度による木材の膨張・収縮も起きますので、ボルト&ナットはいつか必ず緩んできます

これは防ぎようがないので、定期的に点検して増し締めする必要があります。

テーブル前面のベンチバイスは、慣れないとぶつかる

テーブル前面に普通はあり得ないモノが付いているので、手や足や腰をぶつけることはやっぱりあります。

家族のヒンシュクを買わないように、根回しとアフターケアは手厚くしておきましょう(笑

さくや
家族みんな、やっぱり何度かぶつけた・・
それって、ちょー迷惑なんじゃ・・
はろ子
さくや
慣れれば大丈夫!自然とぶつからなくなるから
ほんとかなぁ~
はろ子
さくや
ホントだって!w

ベンチバイスにぶつかる事故を減らすために、ベンチバイス部にあえて小さなテーブルを咥えさせておくというのも手です。T字型に木材を取り付けた天板があれば、かんたんに拡張テーブルにすることができます。

さくや
テーブルをあからさまに拡張してしまえばぶつからなくなる、という逆転の発想
よけいに邪魔では・・
はろ子
さくや
サイドテーブルみたいになって、案外便利だよ?

天板下のスクリュー部に膝をぶつけないよう注意

表からは見えませんが、テーブル天板の下にはベンチバイスのスクリュー部分があります。

テーブルの座り方によっては、ここに膝をぶつけてしまうこともありますので注意してください。

もし尖った金具があれば怪我の原因になります。また、スクリュー部分の油汚れは服に付くと取れません

ここは必要に応じてカバーをかけるといった工夫が必要です。

さくや
我が家ではまだ、そういった問題は起きてない・・今のところ大丈夫
気を付けないとね~
はろ子

 

今回はここまでです。ここまで読んでいただきありがとうございました!

次はベンチバイスをさらに良いものにするために、当て木とベンチドックを取り付けます!

さくやこのはでオリジナルキャラを作ってみませんか?

SNSやブログで使えるオリジナルキャラを作成します 小物・表情差分・文字入れ無料☆趣味や職業にあわせてデザイン可

さくやに設計図作成を依頼してみませんか?

DIY用の設計図と木取り図を作成します 賃貸住宅でもできる『静かなDIY』を応援します!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さくや

DIYと木工と刃物研ぎとキャンプが趣味のシステムエンジニア。賃貸住宅でもできるDIYをメインテーマに、DIY特化ブログを運営しています。 相方のこのはは記事作成の他にブログのイラストを担当。ココナラとスキルクラウドで出品もしています。ぜひご利用ください

-道具・治具

Copyright© さくやこのはのDIY , All Rights Reserved.