木工 道具・治具

2x4材を正確に縦半分に切る道具 ~マグネットシートを使った治具(ノコギリガイド)の作り方

さくや(@sakuya_konoha77)です。

ノコギリで木材を正確に切るのは難しいものです。ましてや2x4材の縦切りなんて、普通の人はチャレンジもしないし、チャレンジしたところで大抵は失敗してしまいます。(経験あり・・

縦切り失敗例

縦切り失敗例

『丸ノコ使えや』

という声が聞こえてきそうですが、例によって賃貸暮らし食卓DIYの私には夢物語です。音と粉塵が出る機械は使うことができません。そもそも、丸ノコがあったら私のブログなんて存在意義を失ってしまいます・・。

今回はそんな縛りのなかでノコギリを使う悩めるDIYerのために、マグネットシートを使った治具(ノコギリガイド)の作り方について紹介したいと思います。

こんな方におすすめ

  • ノコギリで正確に木材を切ることができるようになるガイドが欲しい人
  • 丸ノコじゃなくて、とにかくノコギリで木工をやりたい人
  • マグネットシートを使った治具の作り方を知りたい人

 

ノコギリの『横引き』と『縦引き』

突然ですが、ノコギリには『横引き』と『縦引き』があるのはご存じでしょうか。

横引きと縦引きでは使うノコギリの種類が違います。ノコギリの種類を間違えてしまうと全く切れません。無理ではないにしても、ノコギリが嫌いになってしばらくDIYを止めたくなるくらいには苦労します。

横引きと縦引きの違いを理解して、適切なノコギリを使いましょう。

横引きとは

木材をノコギリで切るときに、繊維と直角の方向に切ることを『横引き』といいます。DIYで木材を切るときは横引きになることが多いはずです。

ぎーこぎーこ

これが横引き

横引きは縦引きに比べると簡単です。市販されているノコギリの種類も多く、切るだけであれば苦労することはありません。

縦引きとは

一方で縦引きとは、木材を繊維と同じ方向で切る方法です。繊維を切らなくて済むため簡単そうなイメージがありますが、実際にやってみると横引きよりもはるかに大変なことがわかります。

これが縦引き

これが縦引き

縦引きの何が大変なのかというと、やってみるとわかりますがとにかく切りにくいのです。

縦引き専用ノコギリならばともかく、中途半端なノコギリを使うと切りくずが刃に詰まってすぐに切れなくなります。どんなに力を入れても切れている感じがしません。疲れ果てるまでノコギリを引いても数mmしか切れてないなんてこともザラにあります。

さくや
感覚的には、縦引きは横引きの3倍~5倍くらい疲れる・・orz

ホームセンターのノコギリコーナーに行くと多くのノコギリや替え刃が売られていますが、『横引き用』『縦横斜め兼用』はあるものの『縦引き用』の品ぞろえは限定的です。

縦引き以外でも使いまわしたい場合は『縦横斜め兼用』が便利ですが、中には兼用と言いつつ縦引きが苦手なものもありますので要注意です。

さくや
縦引きが得意な『縦横斜め兼用』ならばゼットソーIII265がおすすめ。縦引きの切れ味がとてもいいので愛用しているよ

伝統的な両刃ノコギリ(片側が横引き用、反対側が縦引き用)を使えば縦引きの心配はないものの、コストが割高だったり、自作治具との相性が悪かったりするため私は使っていません。

どんなときに縦引きをするのか

縦引きはあまり馴染みが無い方も多いと思います。ホームセンターで扱うノコギリに『縦引き用』が少ないのもそれが理由かもしれません。

ではどのようなときに縦引きが必要になるかと言うと、主に『切り欠き』(きりかき)をするときです。

切り欠きの例

2x4材の切り欠きの例

切り欠きとは木材の角を欠き取る切り方です。横と縦の切れ目を入れて切り取ることになるため、必ず横引きと縦引きが必要になります。

ビスや金具で木材を接合する場合はこのような切り方をすることはありませんが、接合強度の高い『組み継ぎ』(組手)をする場合にはよく見かけます。

さくや
実はいま、子供部屋用の本棚&机の設計を考えているんだけど、省スペースで強度のある家具を作ろうと思うと組み継ぎがしたくなるんだよね

逆に言えば、多くのDIYerにとって縦引きは必須ではありません。安心してもらって大丈夫ですが、そういう意味では縦引きの記事は需要が無いですね(笑)。

しかしこれから紹介するのは、縦引きというよりは『治具(ノコギリガイド)の作り方』です。マグネットシート式の治具を自作する際の基本になりますので参考にしてみてください。

マグネットシートを使った治具(ノコギリガイド)の作り方

今回は、2x4材の中心線に、縦の切り込みを入れるための治具(ノコギリガイド)の作り方を考えてみます。

2x4材を縦半分に切るために、ガイドとして1x4材を利用

2x4材を縦半分に切るとき、ガイドに合わせてノコギリを動かすことができれば楽だし正確ですよね。

これが治具(ノコギリガイド)の基本的な考え方です。勘や腕に頼るのではなく、合理的に正確に加工するための道具が治具なのです。

1x4材は2x4材の半分の厚みなので、ノコギリガイドにはぴったりですね!これを利用しない手はありません。

ためしにMDFボード(5mm厚)の上に、2x4材と1x4材を並べてみました。中央に2x4材を置き、周りに1x4材を並べています。なお、両脇の1x4材は縦半分に切ったものです。

ガイドのイメージ

ガイドのイメージ

この1x4材をガイドにしてノコギリを動かすことができれば、2x4材を正確に半分に切ることができそうです。

しかしこのままではノコギリを1x4材にぴったり添わせながら動かすことは難しい。そこで、100均で手に入れたマグネットシートを活用します。

ノコギリをガイドに密着させるためにマグネットシートを利用

マグネットシートが100円で手に入るのがありがたい

マグネットシートが100円で手に入るのがありがたい

周りのガイド部分にマグネットシートを貼り付ければ、ノコギリをマグネットに密着させながら動かすことができます。

しかし注意しなければならないのはマグネットシートにも厚みがあるということ。本来の1x4材の厚みにマグネットシートの厚みが加わってしまうため、このままでは切断したときに誤差が出てしまいます。

さらにもう一つ、考えなければならないことがあります。それはノコギリの刃の厚さ。刃の厚さの分だけ切断位置がずれてしまうからです。なお、厳密にはアサリ(刃先の広がり)があるノコギリの場合は刃の厚さではなく切断幅を考慮する必要があります。

上げ底をして切断位置を微調整

中央に2x4材を置き、周りに1x4材とマグネットシートを乗せ、その上にノコギリの刃を乗せます。そのときにノコギリの刃が2x4材のちょうど中央に来ていれば問題ないのですが、実際は2mm程度上にずれてしまうはずです。

切断位置を確認

切断位置を確認

そこで2x4材の位置を底上げして微調整します。微調整は厚紙でもベニヤ板でもなんでもOKです。今回は2mm厚のベニヤ合板を使って2x4材を底上げすることにしました。

さくや
厳密に言えばこれでもまだ誤差があるんだけどね、今回はそこまでの精度は求めないよ。それにそもそもノコギリによる加工では精度に限界があるし
ジグの完成

治具の完成

MDFに1x4材をボンド&ビスで固定し、1x4材にマグネットシートを貼り付けます。中央のベニヤ合板は両面テープで接着しました。これでノコギリガイドが完成です。

治具(ノコギリガイド)の使い方

このノコギリガイドの使い方は簡単です。

作業台にノコギリガイドを置き、中央に2x4材をはめ込みます。2x4材とノコギリガイドをまとめて作業台にクランプし、動かないようにしておきましょう。

材料とジグをクランプ

材料と治具をクランプ

ちなみに私はいつも食卓の上で作業をするので、ノコギリ加工をする場合は自作の作業台を置いて使っています。卓上でクランプを使う場合には必須になります。作業台についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、あわせて読んでみてください。

合わせて読みたい
作業台
テーブル上で使える作業台を自作しよう【予算720円、設計図&木取り図付き】

室内でDIY作業をするのであれば、作業をしやすくする作業台を自作してはいかがでしょうか。予算720円でかんたんに作成することができます。設計図・木取り図付きで説明しますので、ぜひ作ってみてください。

続きを見る

クランプしたら、ノコギリの刃をマグネットシートに貼り付けて、マグネットシートの平面に合わせてノコギリを前後に動かします。ノコギリの刃とマグネットシートをできる限り広い面で密着させるのがコツです。

ノコギリの刃がブレるとマグネットシートを傷つけてしまい精度が落ちる原因になるため、慣れないうちはノコギリの刃を手で軽く押さえながら動かすといいでしょう。

ノコギリの動かし方

ノコギリの刃を手で押さえながら動かす

なお、ノコギリにアサリ(刃先の広がり)がある場合はどうしても刃先がマグネットシートを傷つけてしまいます。アサリの無いノコギリを使うのがベストなのですが、私が知る限りではアサリ無しの縦引きノコギリは(お勧めできるものが)ありませんので、アサリのあるノコギリで我慢するしかありません。

マグネットシートは傷ついたら何度でも交換できるので、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

さくや
実は、上の写真ではアサリ無しの『縦横斜め兼用』ノコギリを使っているんだけどね・・切れ味がイマイチだったからお勧めしない。
切り終わり

縦引き完了!

さくや
結局ノコギリを持ち替えてしまったw

いまのところ、ゼットソーIII265が一番使いやすい。アサリがあるけど、慣れればマグネットシートを傷つけずに切れるようになるよ

あとは横引きノコギリで切り欠き部分を切り落とします。もちろんその際は縦切り用治具からは外して作業してください。

横引きの時は横引き用ジグを

直角切りのときは直角切り用治具を使う

直角切りも気を抜くと曲がったりしますので、直角切り治具を使いましょう。こちらの記事で詳しく紹介していますので合わせて読んでみてください。

あわせて読みたい
直角切り治具(ノコギリガイド)の作り方
DIYで木材を直角に切る方法 ~ノコギリ用直角治具(簡易版&高精度版)の作り方

2x4材をノコギリで切ったときに『あちゃ~、曲がっちゃった』という経験はありませんか?カンや経験に頼らなくても、だれでもまっすぐ、直角に切れる方法があります。この記事では、直角に切るためのガイド(ジグ)についてご紹介します。

続きを見る

切り欠き部分を切り落とし、再度縦切り治具にセットするとこのようになります。

切り欠きできた!

切り欠きできた!

マグネットシートの平面の通りに切断できていることわかります。

ノコギリガイドと縦引きノコギリを使って切断している様子がわかるように、動画を撮影してみました。

 

まとめ

今回作った治具を使って2x4材を切断したところ、このように加工できました。これならば相欠き継ぎをしても問題なさそうです。

切断距離が長くても大丈夫

切断精度を調べてみると、2x4材の中心線から±0.5mmの精度で切断できていることがわかりました。

2x4材の切り欠きとしては十分な精度が出ています。切断面もそれなりに平面になっていますので文句なしですね。

なにより、ノコギリを使うときに神経を使わないで済むのが嬉しいです。ノコギリをマグネットに貼り付けて動かすだけなので、ノコギリの向きに集中する必要がありません。極論すれば墨付けすらも不要になります。

今回は2x4材の切り欠きを例にしましたが、どのような木材加工でも同じ方法でノコギリガイドを作ることが可能です。ノコギリの扱いに苦手意識がある方は、ぜひこのようなガイドを作ってみてください。

以前にも紹介しましたが、同じようにマグネットシートを使用したノコギリガイドをこちらの記事で紹介しています。よろしければあわせて読んでみてください。

あわせて読みたい
直角切り治具(ノコギリガイド)の作り方
DIYで木材を直角に切る方法 ~ノコギリ用直角治具(簡易版&高精度版)の作り方

2x4材をノコギリで切ったときに『あちゃ~、曲がっちゃった』という経験はありませんか?カンや経験に頼らなくても、だれでもまっすぐ、直角に切れる方法があります。この記事では、直角に切るためのガイド(ジグ)についてご紹介します。

続きを見る

さくやこのはでオリジナルキャラを作ってみませんか?

SNSやブログで使えるオリジナルキャラを作成します 小物・表情差分・文字入れ無料☆趣味や職業にあわせてデザイン可

さくやに設計図作成を依頼してみませんか?

DIY用の設計図と木取り図を作成します 賃貸住宅でもできる『静かなDIY』を応援します!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さくや

DIYと木工と刃物研ぎとキャンプが趣味のシステムエンジニア。賃貸住宅でもできるDIYをメインテーマに、DIY特化ブログを運営しています。 相方のこのはは記事作成の他にブログのイラストを担当。ココナラとスキルクラウドで出品もしています。ぜひご利用ください

-木工, 道具・治具

Copyright© さくやこのはのDIY , All Rights Reserved.