木工 道具・治具

DIYで木材を直角に切る方法 ~ノコギリ用直角治具(簡易版&高精度版)の作り方

直角切り治具(ノコギリガイド)の作り方

さくや(@sakuyakonoha77)です。

DIYで木材をノコギリで切ったときに『あちゃ~、曲がっちゃった』という経験はありませんか?

それは誰もが経験することです。そもそもノコギリで木材をまっすぐ切るのはむずかしいものです。

ましてや正確な直角で切るなんて至難の業。熟練の職人さんならともかく、駆け出しのDIYerにできることではありません。

しかしどんな初心者でも、ちょっと工夫するだけで正確に直角に切ることができるようになります。

この記事では、経験にも勘にも頼らずに、だれでも直角に切れるようになるための方法についてご紹介します。

こんな方におすすめ

  • DIYで木材を直角に切ることに苦手意識を持っている方
  • 経験と勘に頼らずに精度を高める道具、『治具(ジグ)』について知りたい方
  • より精度の高い直角切り治具の作り方を知りたい方

直角切り入門編 ~まずはさしがねを使ってみよう

DIYで木材を直角に切りたいのなら、まず最初に使うべき道具は『さしがね』です。

私が愛用している曲尺

直角の墨付けの基本はさしがね

さしがねの選び方

ホームセンターに行けば数種類のさしがねが販売されています。それぞれ特徴があるので選ぶのに困るかもしれませんが、

『余計な機能はいらない。とにかく正確に直角の線をひきたいんだっ!』

という強い思い入れがある方は、私が使っているさしがねと同じものをおすすめします。

このさしがねは

  • 余計な目盛りが無く、裏も表もcm(mm)表示
  • 厚みがあって強度が高く、精度が狂いにくい

という特徴があります。大きさは2x4材に線を引くのにぴったりのサイズです。

ただし欠点が三つあります。

  • 厚みがあるため曲げて使うことができない(曲線がひけない)
  • 丸目、角目が無い(大工さんの現場なら使えないかもしれない)
  • 重くて高価(値段も重さも普通のさしがねの3倍くらい)

これらの欠点が気になってしまう方は、普通のさしがねを購入しても大丈夫です。

さくや
3倍高くて3倍重ければ精度も3倍・・ってわけじゃないからなぁ
どこかの赤い大佐とはちがうんだね~
はろ子
さくや
大佐が赤いんじゃなくて、乗ってるMSが赤いんだぞ!
突っ込むトコそこじゃないんと思うんだけどなぁ
はろ子

さしがねの使い方

さしがね使い方は簡単です。距離を測る場合は普通のものさしと全く同じです。

直角の線を引きたい場合は、木材の端にさしがねの長手(長い方)をぴったりと押し付けながら、妻手(短い方)の外側に沿って鉛筆を走らせます。

ん~・・説明されてもわかりにくい
はろ子
さくや
下の図を見ればわかるんじゃないかな
さしがねの使い方

さしがねの使い方

最初はぎこちない手つきになってしまいますが、何度も使っているうちに体が覚えるので安心してください。

実際にノコギリで切ってみよう

それでは、さしがねで直角の線を引いてノコギリで切ってみましょう。

罫書いて、

線を引いて、

ぎーこぎーこ

ぎーこぎーこ

切れました!

切れました!

ちゃんと直角に切れているか、確認してみます。ここでは正確に確認したいので、より精度の高い完全スコヤを使います。

正面から見たところ

正面から見たところ

スコヤの内側は正確な直角になっています。木材の断面とスコヤの内側を合わせて正面から見ると・・まぁまぁ直角になっていますね。

次に、横から見てみましょう。

横から見たところ

横から見たところ

Σ(・ω・ノ)ノ!w

どうやら、正面からは見えない裏側で大きくズレが出てしまったようです。

さくや
あははは・・・
これはひどい
はろ子
さくや
でもね、職人でもない限りこんなもんだよ。ノコギリは決して簡単な道具ではないから

ズレないように切るためのテクニックも色々ありますが、頭で理解してもなかなか思い通りにはいかないものです。正しい方法、正しいフォームで繰り返し練習するしかありません。

しかしDIYをする人に『練習するしかない!』と語っても仕方ないですよね。

さくや
そんなことを言ってしまったら、せっかく読んでくれている読者に申し訳がないからね

なので、私は断言します。

DIYで、技術や経験に頼らずに、木材を直角に切ることは可能です!

これは職人の皆様から見れば邪道かもしれません。職人の弟子が私の方法を試そうとしたら親方のゲンコツをもらうかも。

しかし私たちに親方はいませんし、DIYに邪道はありません。要は、木材を直角に切りたいんですよね?

それならば、根性ではなく知恵で、職人芸ではなく合理的手法で解決しましょう!

直角切り実践編① ~直角切り治具(簡易版)

治具(ジグ)とは

経験も直感もない私たちを助けてくれるのが『治具(ジグ)』という道具です。

治具とは、もともと英語の『Jig』に由来する言葉です。

jig (noun [ C ])
- a piece of equipment for holding a tool or piece of wood, etc. firmly in position while you work with it
https://dictionary.cambridge.org/ja/dictionary/english/jig

ざっくり訳すと『作業中に工具木片などをしっかりと固定するためのもの』。

つまりノコギリなどの道具を使うときに補助的に使う道具と思ってください。いわゆるノコギリガイドです。

ちなみに治具という言葉を使うとき、そこには『自分で作ったもの』というニュアンスが含まれます。

でも安心してください。治具を作ることは決して難しくありません

これから詳しく説明しますのでぜひ作ってみてください。

直角切り治具(簡易版)の作り方

まず紹介するのは『直角切り治具(簡易版)』です。

「簡易版」と付けているのは後で『高精度版』を紹介するためですが、この簡易版でもかなりの精度を出すことができます。

こちらが、直角切り治具(簡易版)です。

直角切りジグ

直角切り治具(簡易版ノコギリガイド)

はじめて治具を見る方なら『なんだこれ?』と思いますよね。

とてもシンプルなものです。上から見るとこんな感じ。

直角切りジグ 上から

上から見るとL字型

おっきなさしがねだ
はろ子
さくや
言われてみればそうかも。マグネットシート付きの巨大スコヤとも言えるな

この治具があれば、ノコギリで木材を直角に切るときに劇的に精度が上がります!

ぜひ、騙されたと思って試してみてください。

劇的って・・もとがそれだけ酷かったってことじゃない?
はろ子
さくや
ま、まぁ・・『当社比200%アップ』なんて言ってるのは大抵その類ではあるね
さりげなく矛先をそらしているような
はろ子
さくや
認めるよ、私は最初はド下手でした!
でもそんな私でも、この治具を使えば見違えるほど上手くなったんだよ!!
深夜の通販番組っぽくなってきた
はろ子

材料

木材の種類やサイズはそれほどこだわりません。太めの角材と、ストッパーにする細い材料の組み合わせです。角材の方はできるだけねじれや曲がりの無いもを選んでください。

私は 60mm x 60mm x 300mm 程度のSPF材に、45mm x 12mm x 200mm 程度の米栂(ベイツガ)材を貼り付けて作っています。当時余っていた端材で作りました。

あと、横にマグネットシートを張ります。これは100均のものでOKです。

作り方

上で書いた二つの木材を、互いに直角になるように張り合わせます。ボンドでしっかり固定しましょう。

直角の出し方

直角の出し方

上の写真のように、さしがね(もしくはスコヤ)を使ってできる限り正確な直角を保ちながら、二つの木材を接着します。(写真ではマグネットシートが張ってありますが、実際はマグネットシートを張る前に直角を合わせてください)

固定できたらボンドが完全に固まるまで1日程度そっとしておきます。ここで作る直角が今後の基準になりますので、この直角だけは正確なものにしてください

なお、ここではビスを打ってはダメです!ビスを打つことで木材がわずかにずれてしまうことがあり、せっかくの直角精度が落ちてしまいます。ボンドだけで十分固定できますので、ビスは打たないようにしましょう。

ボンドが完全に固まったら、写真のように側面にマグネットシートを貼り付けておきます。マグネットシートはできるだけ広く貼った方が精度が上がります。

直角切り治具(簡易版)の使用方法

それでは実際に治具を使って木材を切ってみましょう。ここでは自作作業台とクランプを使っています。

自作作業台についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。作業台が無い場合は、クランプで固定できる場所であればどこでもOKです。

作業台
テーブル上で使える作業台を自作しよう【予算720円、設計図&木取り図付き】

室内でDIY作業をするのであれば、作業をしやすくする作業台を自作してはいかがでしょうか。予算720円でかんたんに作成することができます。設計図・木取り図付きで説明しますので、ぜひ作ってみてください。

続きを見る

木材と治具を固定する

まずは、作業台のはしに木材を置きます。

作業台に木材を置く

作業台に木材を置く

次に、その木材の上に直角切り治具を置きます。ノコギリで切ろうと思っている線の上にマグネットシートが来るように設置します。

拡大図

拡大図

治具の手前にある横向きの木材が、切ろうとしている木材とぴったり合うようにしてください。こうすることで、切ろうとしている木材に対してマグネットシートが完全に直角になります。

木材の上に、直角切りジグを乗せる

木材の上に、直角切り治具を乗せる

あとは、それらがずれないように治具と木材と作業台をまとめてクランプで固定します。

マグネットシートにノコギリの刃を付けて、そのまま切る

次に、マグネットシートにノコギリの刃を付けます。ノコギリの刃は磁石につくので、自然にマグネットシートに密着します。

のこぎりの刃を、マグネットシートにぴったりくっつける

のこぎりの刃を、マグネットシートにぴったりくっつける

刃がマグネットシートについたら、あとはマグネットシートに刃を貼り付けたまま、ノコギリを下ろして木材を切っていきます

このとき、ノコギリをあまり立てないように、刃を寝かして切るのがコツです。

さくや
できるだけマグネットとノコ刃を接着させるためと、もうひとつはマグネットシートを削らないようにするためね
ぎーこ・・ぎーこ…

ぎーこ・・ぎーこ・・

力を入れる必要は全くありません。力を抜いたほうが切断面はきれいになり、直角も正確になります。

切れました!

切れました!

マグネットシートに傷がついてる・・
はろ子
さくや
それはノコギリの『あさり』によるものだよ。ノコギリの歯の先端はわずかに開いているから、どうしてもマグネットシートを傷つけてしまう

慣れないうちはノコギリの刃でマグネットシートを傷つけてしまいますが、最初は気にしなくても大丈夫です。慣れるとマグネットシートを傷つけずに加工できるようになってきます。もしマグネットシートがボロボロになったら張り替えてください。

なお、『アサリ無し』という特殊なノコギリを使えばマグネットシートを傷つけずに済み、さらに精度の高い加工ができるようになります。私が使っているアサリ無しノコギリはこちらです。

いわゆる『ダボ切りノコ』と呼ばれるこちらも、やはりアサリが無いノコギリですね。

アサリ無しノコギリはマグネットシートを傷つけない代わりに、切断面が少し歪んだだけで木に挟まって動かしにくくなるという欠点があります。ちょっと気難しいですが、使いこなせれば高い精度が出せるようになります。

切断面の直角の精度を確認

それでは、先程切った木材の直角を確認してみましょう。

正面から

正面から

(ノ゚ρ゚)ノ ォォォ

横から

横から

(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

ちょっとずれましたね!(๑´ڤ`๑)テヘ♡

しかしこれでも最初と比べれば格段に精度が上がっています。DIYであれば十分なレベルで、何より手軽に使えるというのがメリットです。

さくや
実際、いろいろな治具の中で、私が一番よく使っているのはこれだしね

直角切り治具の応用

実は先ほど作った直角治具(簡易版)は、直角の切り落としだけでなく、一定の深さの直角の切り込みを作ることもできます。

どんなときにそんなことをするかって?

こういう時です。

寸止め!w

木材の中心で切り止める!

木材の途中で、切るのを止めたいときですね。

これを何回も繰り返さなければならないときもあります。

寸止めの繰り返し!ww

寸止めの繰り返し!ww

一定の深さでいくつも切り込みを入れて、鑿(のみ)でさらうようなときですが、毎回同じ深さで、正確に切り込みを入れるのは意外と難しいものです。

さくや
集中すればできるんだけど‥神経が疲れるんだよね

こういうとき、ちょっとした工夫をすればずいぶん楽になります。

一定の深さで直角の切り込みを入れる方法

使うのは『アイスの棒』と『両面テープ』です。どちらも100均のもので大丈夫ですが、アイスの棒が見つからない場合はAmazonでも購入できます。

アイスの棒と両面テープ!

アイスの棒と両面テープ!

また、端からの距離を正確に測るときはストッパー付き直尺が便利です。

まず、直尺のストッパーを切り込みを入れたい深さにあわせます。

掘りたい深さにストッパーを合わせる

掘りたい深さにストッパーを合わせる

次に、アイスの棒に両面テープを貼って、剥離紙もはがします。

アイスの棒に両面テープ

アイスの棒に両面テープ

そのアイスの棒を、ノコギリの端に当てた直尺をガイドにして、ノコギリに貼り付けます。

ノコギリにペタリ

ノコギリにペタリ

ノコギリの刃のどこから測っても同じ距離になっているように微調整して、最後にアイスの棒をのこぎりの刃にしっかり圧着します。これで準備完了!

このノコギリと直角切り治具を使って、木材に切り込みを入れます。

するする滑って掘れなくなるまで

するする滑って掘れなくなるまで

アイスの棒があるおかげで、途中でノコギリが自然と空回りするようになります。そこで切り止めることで、正確な深さで切り込みを入れることができます。

さくや
もちろん、力いっぱいノコギリを動かすとアイスの棒がとれちゃうからね。アイスの棒を感じられるくらいに、軽く引くといいよ

直角切り実践編② ~直角切り治具(高精度版)

高精度版直角ジグの完成

直角切り治具(高精度版ノコギリガイド)

直角切り治具(簡易版)の課題

これまで紹介してきた直角ぎり治具(簡易版)は市販の角材を組み合わせて作ったものでした。

ある程度の精度はあるものの、やはり限界もあります。それは次の二つの問題があるからです。

  • 市販の角材の角が直角であるとは限らない
  • 角材は時間が経つにつれて曲がりやネジレが出てきてしまう

したがって正確な治具を作るためには次の課題をクリアする必要があります。

  • 市販されている木材の角をアテにせずに、直角を作る
  • 歪みが出てくる材料を使わない

歪みがない木材を見つけるのは簡単で、ホームセンターでも販売されているMDFを使えば大丈夫です。MDFは木の繊維を圧縮して固めたもので、材質が均一のため歪むことがありません。水に弱いのが難点ですが、ノコギリを使う現場で水をかぶることは無いので心配ないはずです。

一方で、市販の木材の角をアテにせずに直角を作るのはなかなかに困難です。そもそも『それができれば苦労しないよ!』と突っ込む方も多いはず。

これを解決するために必要となるのが、『鉋(かんな)』です。

精度を上げるためには、鉋が必要

木材を高い精度で加工するためには鉋が不可欠です。ノコギリや鑿(のみ)では正確な平面や直角を作ることはできません。

しかし初心者にとって鉋はハードルの高い道具に思われがちです。実際、本当の和鉋(日本の鉋)の扱いは極めて難しくて私もまだ満足に使いこなせません。修行中です。。

でも大丈夫です!実は初心者でも使える鉋があります。『替え刃式鉋』と『西洋鉋』の二つで、これらは全くの未経験者でも問題なく使いこなすことができます。

替え刃式鉋はコスパがよく気軽に使えるのが特徴です。一方で西洋鉋は高価ですが、和鉋よりもはるかに使いやすく、初心者でも透けるような薄削りをすることができます。

どちらも魅力的な道具なので紹介記事も用意しました。ぜひ読んでみてください。

コスパ重視
替え刃式鉋
替え刃式鉋(かんな)はDIY初心者におすすめ!面取りの方法など、詳しい使い方を紹介します

替え刃式鉋は、初心者に特におすすめできる鉋です。比較的安く手に入れることができ、扱いが簡単で、DIYの仕上がりが確実に良くなります。替え刃式鉋の仕組みと使い方について詳しく紹介します。

続きを見る

ハイエンド志向
西洋鉋の使い方
西洋鉋は初心者にもおすすめ! ~購入方法、使い方、メンテナンス方法について

西洋鉋は初心者でもかんたんに扱うことができ、高い精度で木材加工ができる道具です。日本の鉋と西洋鉋を比較しつつ、西洋鉋の使い方とメンテナンス方法を紹介します。

続きを見る

私も、鉋が使えるようになったことでようやく精度の高い直角切り治具を作れるようになりました。

直角切り治具(高精度版)の作り方

それでは直角切り治具(高精度版)の作り方を説明します。

まずは厚め(15mm程度)のMDFを用意します。どのような大きさでも作ることができますので大きさは任意です。今回は200mm x 300mm程度のMDFを使いました。

MDFをカットして張り合わせ

MDFを用意できたらこのように斜めにカットします。

MDFをカット

MDFをカット

カットしたら、二枚をボンドで張り合わせます。

ボンドを塗って

ボンドを塗って二枚を張り合わせる

側面を鉋で削って平面&垂直にする

張り合わせたら、下の写真のように側面を鉋で削って平面にします。ここでは西洋鉋を使っていますが、もちろん和鉋(替え刃式鉋)でも構いません。

平面になったかどうかは定規を使って確認します。写真では『下端定規』という自作の定規を使っていますが、さしがねなどで代用しても大丈夫です。削った面に定規を当てて、光に透かして見たときに隙間が無ければ平面になったと言えます。

鉋で基準面の直線出し

鉋で基準面の直線出し

ちなみに上の写真では、西洋鉋で削る際にMDFの下に2mm厚程度のベニヤ合板を下敷きにしています。これはMDFを西洋鉋の刃の位置に合わせるために上げ底しているのです。

ここでは平面を作ることが目的なので、鉋の刃を出す量は最小限にして少しずつ削るようにしてください。

平面を出すことができたら、次はその面が垂直になるようにします。といっても鉋が大きく狂っていない限り、上記の方法でほぼ直角になるはずです。あとはスコヤを当てながら、狂っているところがあれば鉋で削って微調整します。

スコヤを当てて直角を確認

スコヤを当てて直角を確認

調整完了

調整完了

ちなみに、治具の横幅を調整したい場合は鉋で削った面の反対側を切り落とします。こちらは適当にきってしまって大丈夫です。

ストッパーを接着

ここまでできたら、あとは簡単です。

できるだけ硬い材質の、細い角材を用意します。ここでは3 x 9 x 170mm程度のチーク材(ホームセンターで手に入る工作材)を使いました。

これを、先程削った面に対して正確に直角になるように接着します。

ストッパーを接着

ストッパーを接着

ここでの接着は慎重に行ってください。木材にボンドを塗って圧着した後で、スコヤをそっと当てて直角に修正するのがおすすめです。そのあともボンドが固まるまでは時々ズレていないかを確認してください。

ボンドが十分に固まったら、はみ出ている部分を切り落とします。ダボ切りノコを使って、木材にぴったり添わせて切ればきれいに仕上がります。

はみ出ている部分を切り落とす

はみ出ている部分を切り落とす

マグネットシートを貼って完成

最後に、鉋で削った面にマグネットシートを貼って完成です。

高精度版直角ジグの完成

直角切り治具(高精度版ノコギリガイド)の完成

直角切り治具(高精度版)の使い方

この治具の使い方は、簡易版と同じです。

ストッパーを木材に当てつつクランプし、マグネットシートにのこぎりの刃を貼り付けて動かすだけです。

直角ジグの使い方

直角切り治具と木材をクランプして、ノコギリで切る

正確に直角に切り落とすことができる

正確に直角に切り落とすことができる

この治具には、やはり高精度加工用のノコギリが似合います。私がいつも使っている高精度ノコギリ『ゼットソー7寸目』との相性は抜群です!

さらに精密加工をするために胴付ノコギリを使うこともできますが、その場合は『胴』の部分がマグネットにあたってしまうため、あまり深く掘れないのが難点です。それでも上の写真の通り、ある程度のホゾ加工ならば問題ありません。

ぜひいろいろなノコギリと組み合わせて使ってみて、レベルの高いDIYにチャレンジしてみてください。

治具を使い続けることで、腕が上がる

実は、これらの治具は使い続けることにメリットがあります。

それは、治具の構えを体が覚えて、治具が無くても正確に加工できるようになることです。

毎回正確に切ること、そして毎回同じ構えを繰り返すこと。それはノコギリの理想的な反復練習になるんです!

さくや
自転車の補助輪と同じ。遊園地のゴーカートと同じだね。
ゴーカートは違うと思うな
はろ子

繰り返すことで構えが体に染みつくので、治具が無くてもかなり正確にノコギリを引くことができるようになります。何気なく普通のノコギリでテキトーに2x4材を切ったつもりでも、こんな薄さでスライスできるようになるのです。

ジグなしでノコギリを使っても

治具なしでノコギリを使っても

楽に薄切りできるようになる

楽に薄切りできるようになる

ぜひ、ノコギリの正しいフォームを身に付けるためのトレーニンググッズとして治具を使ってみてください。

まとめ

DIYを始めたばかりの初心者はもちろん、ある程度経験がある方にとっても木材を直角に切ることは難しいことです。

練習をすればできるようになると言いますが、どれだけ練習すればいいのか見当もつきません。

それならば経験に頼らずに合理的に解決すればいいんです。今回紹介した『治具』はそのためにあります。

ただし治具にもやはり限界はあり、それを理解して使う必要があります。直角切り治具も『簡易版』は簡易版なりの精度だし、『高精度版』もノコギリ加工の限界を超えるものではありません。

とはいってもDIYでは十分な精度を出すことができるし、ノコギリ加工の練習になるという意味でもおすすめできます。

そして治具の扱いに慣れてきたら、様々な治具を作ってDIYの幅を広げていってください。

私のツール記事一覧では様々な治具や使い方を紹介しています。

またTwitterアカウント(@sakuya_konoha77)では記事に乗せていないDIYネタや治具話をつぶやいています。興味がある方はぜひフォローをお願いします。

それでは、またお会いしましょう!

さくやこのはでオリジナルキャラを作ってみませんか?

SNSやブログで使えるオリジナルキャラを作成します 小物・表情差分・文字入れ無料☆趣味や職業にあわせてデザイン可

さくやに設計図作成を依頼してみませんか?

DIY用の設計図と木取り図を作成します 賃貸住宅でもできる『静かなDIY』を応援します!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さくや

DIYと木工と刃物研ぎとキャンプが趣味のシステムエンジニア。賃貸住宅でもできるDIYをメインテーマに、DIY特化ブログを運営しています。 相方のこのはは記事作成の他にブログのイラストを担当。ココナラとスキルクラウドで出品もしています。ぜひご利用ください

-木工, 道具・治具

Copyright© さくやこのはのDIY , All Rights Reserved.