木工 道具・治具

caDIY3DはDIY初心者にお勧め! ~機能と使い方を詳しく紹介

caDIY3D

さくや(@sakuyakonoha77)です。

DIYをしていると必ず必要になってくるのが設計図、そして木取り図です。これらは手書きで書くこともできますが、手書だとこんな悩みに直面します。

  • 書くのが面倒。間違えたから最初から書き直しとかマジで勘弁してほしい
  • どうしても計算を間違えてしまう。角度とか曲面とか、そもそも計算できないし
  • 手書きではコピペもUndoもできないし、設計図をデータにして管理することもできない

これらの悩みを解決するには設計用のソフトを使うしかありません。設計用のソフトと言えば数多くの種類がありますが、私たちDIYerは高価なものは要りませんよね!

最小限の機能でやりたいことができればいい。そんな私たちにぴったりなソフトがあります。

私も愛用しているDIY用の設計ソフト、それがcaDIY3D(キャディースリーディー)です。

株式会社日本マイクロシステムが販売するcaDIY3DはDIYに特化した設計ソフトです。かんたんな操作で設計図を作成し、自動で木取り図を作ることもできます。

1x4や2x4材ラブリコィアウォールといったパーツモデルも用意されているのでDIYに最適です!

詳しい使い方についてはリファレンスマニュアルに記載されていますが、この記事では『caDIY3D』の概要と使い方のポイントをご紹介します。

 

こんな方におすすめ

  • 設計図や木取り図を簡単に作成できるツールを探している方
  • 寸法や角度、木材・塗料の単価からの費用見積もりなど、各種計算をパソコンに任せたい方
  • caDIY3Dに興味があって、どんなことができるのかを知りたい方

DIYで設計をするときは、専用のソフトを使うのがおすすめ

DIYは何で設計図を書くべき?

手書きはミスを防ぐことができず、描き直しも大変

DIYを始めたばかりの方は設計図は作成していないか、もしくは手書きで書いていることと思います。私も最初はそうでした。

手書きの設計図

手書きの設計図

このような感じです。いまでもラフスケッチは手で書きますが、なかなか手間のかかるものですよね。

しかし、部品数が多くなるような家具の場合、設計図を手書きで書くのが難しくなってきます。

ある程度DIY経験のある方ならば、こういう失敗も経験しているのではないでしょうか。

失敗した・・

  • 部品と部品の継ぎ目で、部品の長さの計算を間違えた
  • 木取り図をよく見たら、部品の数が足りなかった
  • 計算間違いしていないことの確認をするために、すべての数値を計算しなおした

こういう経験があるなら手書き設計図から卒業してもいい頃です。手書きのミスが無くなることはありませんから。

私が作成した三段ベッドは、部品数は100を超えていました。しかも『三段』というだけあって、同じような部品が3セット必要になるという特徴があります。

床板のサイズと、格段の高さ

3段ベッドだから各部品は3セット(caDIY3Dで作成)

こういうとき、手書きでおなじ図面を3つ書くのは大変です。『コピー&ペーストができればいいのに・・』と思ってしまいますよね。

さらに、まったく同じ部品の繰り返しに見えて、実は微妙に違う・・という場合もあります。こういうときはコピー&ペーストした後で微調整するのが簡単。子供が3人もいると、こういうことはよくある話です。

子供用の机と本棚

繰り返しに見えて、実は左・中央・右で微妙に設計が変わってくる(caDIY3Dで作成)

そして設計図は何度も書き直すことも多いものです。すべてを書き終えた後で『全体の寸法をもう数cm小さくしたい!』となったら設計図も最初から書き直しになってしまいます。

さくや
苦労して書いた設計図を、もう一度書き直すのかと思うと気が遠くなったりするよ
間違えたところだけ直せば?
はろ子
さくや
それもアリだけど・・そうすると違うところで矛盾が出てきたりして結局後悔することが多い気がする
気がすると言いつつ、実感こもってるなぁ
はろ子
さくや
数えきれないくらい経験したからね~(泣

Excel設計もアリだが、とにかく疲れる

手書きが大変だというのであれば、Excelを使うのもアリです。Excelを方眼紙フォーマットにして、オブジェクトで設計図を書けば設計図を作ることができます。

Excel作成した設計図

Excelで作成した設計図

もちろんこれでできないことはありません。しかし実際にやってみるとわかりますが、ズームイン&ズームアウトを多用したりオブジェクトの位置を微調整するのは結構大変なものです。

そこで、もし手書き設計図やExcel設計図で苦労していたり、限界を感じているのであれば、DIY専用のソフトを使うことをお勧めします!

DIYを続けるなら、DIY専用の設計ソフトがおすすめ

設計用のソフトというと、一般的には専門家が使うようなイメージがあります。高価なソフトになると一本百万円を超えるソフトも・・。

しかし私たちにとって、そんなに高価なソフトはいりません。DIY用で簡単に使えるソフトなんてあるのかな・・

と思って探していたらありました!!

株式会社日本マイクロシステムが開発している『caDIY3D』です。

このソフトを使えば

  • 積み木感覚でかんたんに設計図を書くことができる
  • 木取り図を自動で作成したり、材料費や塗料の量を見積もることができる
  • 豊富なパーツモデルや加工機能があるので、シンプルなものから複雑なものまで幅広く設計できる

というメリットがあります。画面と各機能について詳しく説明していきます。

caDIY3Dの主要機能

画面

メイン画面

caDIY3Dのメイン画面はこのようになっています。

caDIY3Dメイン画面

caDIY3Dメイン画面

うわ~、なんかボタンが多いよ
はろ子
さくや
大丈夫。よく使うボタンは数個だから。慣れてくると他のボタンも使いたくなってくるよ

主に操作するのはベッドが表示されている部分で、マウスの右クリックと左クリックで操作できます。

上に並んでいるボタンは、グループ化、材料の追加、切り欠き加工などするときによく使います。

さくや
コピー&貼り付けはキーボード(Ctrl + C / V)でできるからボタンを押すことは無いなぁ
それならボタンいらないんじゃ・・
はろ子
さくや
うん、まぁ私の場合はそうかも。気にしてないけどね~

材料追加画面には、DIYで必要な材料が揃っている

こちらは木材を追加する画面です。

材料追加画面

材料追加画面

見ての通り2x4などのSPF材があるほか、合板、集成材、丸棒、さらには網やらトタンやらブロックまで・・DIYで定番の様々な部品がデフォルトで用意されています

さくや
ちなみにデフォルトで用意されていない部品が必要な場合は追加することもできるよ。最近はラブリコとかもパーツとして用意されているから、DIYをする人には嬉しい

材料画面で単価を設定できる

この画面でもう一つうれしいことは、各材料の価格を設定できることです。

材料の詳細設定画面

材料の詳細設定画面

何がうれしいのかというと、設計が終わった時に材料費の総額がいくらかわかるんです!しかも、表面積も出してくれるから塗装に必要な塗料の量までわかってしまう!!

費用総額と表面積がわかる

費用総額と表面積がわかる

この機能を使うことで、どのような設計にしたら材料費を抑えることができるのかといったシミュレーションも簡単にできます。たとえば、すのこに1x4を使った場合の費用と、ラワンベニヤ合板を使った場合の費用、どちらが高いかなどを比較することができます。

さくや
お財布が気になるDIYerにはありがたい機能だね

ほとんどの操作はマウスで可能、コピペやサイズ指定などはキーボード入力が便利

caDIY3Dの操作はほとんどがマウスで行えます。一部の操作、特にコピー&ペースト(Ctrl + C, Ctrl + V)やサイズの入力はキーボードを使うことも可能で、そちらの方が便利ですね。

木取り図作成機能

木取り図を自動で作成し、プリントアウトすることができる

そしてDIYに欠かせないのが、木取り図の自動生成機能です。

木取り図とはDIYで木材を扱うときに『どの材料をどの大きさで切るか』を図で示すものです。ホームセンターで木材カットをお願いするときに必須になるのですが、これまた手書きで書くのは面倒な作業です。

caDIY3Dでは木取り図も自動で作成してくれます。さらにどの木材からどの部品を取るかといった組み換えが画面上でできるので、効率のいい木取り図を作ることができます

木取り図作成画面

木取り図作成画面

さくや
マウス操作で部品を動かして、木取り図をカスタマイズできる。慣れてくると楽しい

この木取り図画面では、資材リストの一覧、塗装面積なども確認することができます。どの木材が何本で、価格がいくらなのか・・など考えるのは手間がかかるので、こうしてまとめてもらえると助かりますね。

なお、この木取り図はプリントアウトが可能です。プリントアウトしたものをホームセンターに持っていくと、木取り図の通りにカットしてもらうこともできます。

木取り図の作り方

木取り図の作り方は簡単です。メイン画面右上にある木取り図ボタンを押すだけです。

caDIY3Dで作る木取り図

caDIY3Dで作る木取り図

木取り図画面を表示すると、全部品が上のように並べて表示されます。

しかし最初は最適化されていない状態になりますので、ある程度調整する必要があります。

材木の価格と、端材を出さない取り方を考慮する

2x4 SPFといえば、1820mm(6f; 6フィート)で販売されているのが一般的です。私の近所のホームセンターでは、一本369円で販売されていました。

しかし今回は最大2150mmの長さの材木が必要なので、もっと大きな規格で購入する必要があります。

材木は規格が違うとコストパフォーマンスが変わります。たとえば 2x4 SPFを例にとると

  • 2x4 1820mm(6f)⇒ 369円 (1fあたり61円)
  • 2x4 2440mm(8f)⇒ 629円 (1fあたり78円)
  • 2x4 3650mm(12f)⇒ 769(1fあたり64円)

となり、1fあたりの価格は6fが一番低く、8fが一番高いことがわかります。

さくや
おそらく、流通量が多い規格は安くなるんだろうね

ならばすべて6fで済ませればいいと考えることもできますが、1820mmをうまく使い切ることができず端材が出ると割高になりますできるだけ端材を出さないような木取り図にすることが重要です。

caDIY3Dの木取り図画面上で、材木の規格を変える方法

caDIY3Dの木取り図画面上で右クリックをすると『サイズの変更』というメニューがありますので、そこで木を切り出す材木の規格を変更することができます。

木取り図上で材木の規格を変えることができる

木取り図上で材木の規格を変えることができる

この画面を使って、材木の大きさを変えたり、切り出し方を変えたりして、最適な木取り図を作ってみてください。

コストを抑えるための、カット料金を考慮した木取り図の作り方

木材カットをホームセンターにお願いする場合はカットの料金も考慮する必要があります。

ホームセンターによっては数本の木材をまとめてカットし『1カット』とカウントしてくれる場合もありますので、何本かまとめて切れるように木取り図を作ると割安にできる可能性があります。

例えば、下図を見てみてください。

まとめてカットできる工夫

まとめてカットできる工夫

図にある赤枠は『まとめてカット』できる位置です。

ホームセンターでカットをお願いする際に、『この九本は、この位置でまとめてワンカットでお願いします』とお願いすれば、カット料金を節約できます。

さくや
うちの近所のホームセンターは1カット40円、ただし会員カードがあれば一日につき10カットまで無料というルール。どういう単位でカットをお願いすれば一番安くなるかを考えるのは、ちょっとしたパズルゲームだったね

なお、本末転倒に聞こえるかもしれませんが材木の費用とカット料金を節約するために設計を見直すのもアリだと思います。

さくや
むしろ、営利企業の家具メーカーはそういうところを徹底的に考えていると思う

部品の幅を統一することでまとめてカットできるようにするとか、端材が出るのがもったいないから部品サイズを少し小さくして端材を活用するとか・・
工夫すればコストカットできる可能性がありますので、ぜひ色々考えてみてください。

完成イメージ、三面図の印刷も可能

こちらは完成イメージの印刷画面です。

完成イメージと三面図

完成イメージと三面図

印刷画面に寸法線を入れることもできます。一枚プリントアウトしておくと、組み立ての際などに便利です。

実際の操作

caDIY3D操作のコツは、ただひとつです。

コピペ!
コピペ!
コピペ!

さくや
一つと言いながら三連呼してしまったw

文字通り、基本は『コピー&ペースト』の繰り返しです。新しい材料を置くのは最初だけ、あとは『コピー&ペースト』でどんどん大きくしていくことがコツです。

たとえば、私が作成した三段ベッドを設計する場合は以下のように操作します。

step
1
まずは、棒を一本置く

まずは、床にSPF 2x4材を一本置きます。

すべてはこの一本から始まる・・!

すべてはこの一本から始まる・・!

次に、それをくるっと回転させ、長さを調整します。

移動・回転・サイズ変更といった操作の切り替えは、画面上で左クリック長押しで表示されるコントローラーで変更できます。

コントローラーを選択すると、青・赤・緑・黄色の三角コーンが表示されますので、それをマウスでクリックしたまま動かすことで調整できます。

長さ調整はマウスドラッグでもできますが、細かい調整が難しいのでキーボードで入力したほうが簡単です。三角コーン上にマウスを置き、数値を入力します。

長さ設定は、キーボード入力が楽

長さ設定は、キーボード入力が楽

なお、上記動画では回転させた木材が、半分地面にめり込んでいるのがわかるでしょうか。床に置いた木材をその場で回転させたため、下半分が地下に埋まっています。

実はこれはあまりよくない状態で、放置すると後々苦労します。改善するためには、材をいったん空中に持ち上げて、地面に落とす(画面下にあるボタンを長押しする)ことで修正できます。

さくや
地面に埋まっていたり、中途半端に空中に浮かんでいるとSnapなどがうまく機能しないことがある。そういう時は、いったん地面に落として地面上で揃えると楽だよ

step
2
一本置いたら、それをコピペする

木材を一本追加したら、それをコピー&ペーストして次の一本を作ります。

コピー&ペーストはマウス操作でも可能ですが、キーボードでCtrl + C(コピー)、Ctrl +V(ペースト)を使ったほうが早く操作できます。

複製した木材の大きさと向きを調整し、移動させて一本目にくっつけます。

最初の一本を複製して、次の一本にする

最初の一本を複製して、次の一本にする

caDIY3Dでは、部品を動かすと"Snap!"という文字が出て、角と角、角と辺、などがぴったりくっつくようになっています。どこでSnapしているかは、画面上に小さく表示される○印で確認できます。

さくや
ときにはその機能が思い通りに機能しないこともあるんだけどね。。そういうときはShiftキーを押しながら動かすといいよ、Snap! が効かなくなるから

step
3
コピペと移動・回転・サイズ変更を繰り返する

あとはこれを繰り返すだけです。キーボードも使ってサクサク進めます。

コピペを使ってサクサク進めよう

コピペを使ってサクサク進めよう

Snap! は角と角だけでなく部品のセンターにあわせることもできます。また、Snap! をうまく使って材料の長さを調整すれば長さ計算が不要で自動調整してくれます。

さくや
Snapを利用した長さ調整はとても重要。自分で計算するとミスしやすいところだから、caDIY3Dに任せた方がいい

ただし、妙な位置でSnapしていてサイズを間違えることもありますので、どこでSnapさせているかは画面を拡大しつつ注意して確認したほうがいいです。

step
4
規則正しく並べるときは、整列させる

すのこのように、複数の部品を等間隔で並べたいときは右上にある『整列』コマンドが便利です。

整列!前にならえ!

整列!前にならえ!

画面上ではきれいに並んでくれるので気持ちいいのですが、実際に組み立てるときは間隔がわからなくなることがありますので注意ですね。

さくや
この場合は間隔は適当でも大丈夫だけどね

step
5
ある程度まとまってきたら、グループ化する

部品がある程度増えてきたら、グループ化をしておきましょう。複数の部品をまとめて動かしたり、コピペできるようになります。

あとは応用です。ベッドの脚を作ってみます。

ベッドの一部をコピペして、その場で立てて脚を作り、グループ化した床板を持ち上げて脚の上に乗せ、その後足を角に動かします。

ちょっとトリッキーな操作

ちょっとトリッキーな操作

さくや
Snapをうまく使うと、いろいろ面白いことができる。友達のりゅうばかさんは、先に寸法線を引き、寸法線にSnapさせるという作り方をしていて参考になる

なお、上の図のようにcaDIY3dでは部品を重ねたまま操作することもできます。部品と部品を組み合わせて切り欠き加工をする場合は、意図的に重ねてから、重複部分をカットすることになりますね。

この重ねたまま置くことができる仕様は便利な時もある一方で、この機能のおかげで苦労することもあるので要注意です。

たとえば、コピーしてその場でペーストした場合、もともとある部品と重なって配置されますので見た目では区別ができません。設計図上は見えない(重なっている)のに、木取り図上では部品が多くなるということにもなってしまいますので、ペーストしたらすぐに動かすクセを付けておくといいと思います。

もし重なった部品を見失ってしまった場合は、『操作』メニューの中にある『重なりを確認する』という機能を使えば簡単に見つけることができます。

また、部品と部品が微妙に重なってしまった場合は面倒です。その重なりに気づかないと設計の誤差につながりますので、あとから修正するのに苦労してしまいます。

どこでSnapしているか、微妙な重なりをしていないかはよく注意する必要があります。慣れないうちは画面を十分に拡大して確認するようにしましょう。

step
6
一段できたら、それをコピペ、コピペ!

ひとつ作った脚を四隅にコピーして、床板一段分をまとめてグループ化したら、それを三段に複製してできがりです!

これがCADの真骨頂!

これがCADの真骨頂!

なお、三段分コピーした後でどこかを修正したくなった場合は、上にある二段をおもいきって削除するのがおすすめです。最初の一段を丁寧に修正してから、再度コピペして上に積み上げるようにしましょう。

複雑な加工も可能

caDIY3Dでは、材料について様々な加工をすることができます。私がよく使う機能をご紹介します。

部品の切り欠き

部品を切り欠き加工することができます。

切り欠き加工

切り欠き加工

慣れるまではちょっとわかりにくいですが、「切り欠きする材料」のうち、重なっていない部分だけが残ると考えてください。

2つ以上の部品を選択して切り欠きすると、最初の一つが切り欠き加工され、その他の部品はすべて非表示になります。具体的な手順はこのようになります。

  1. 切り欠きする材料と、型として使う部品を用意
  2. 切り欠きする材料に、型を重ね合わせる(重ね合わさっている部分が切り欠きされる)
  3. 切り欠きする材料を選択し、Shiftを押しながら型部品をすべて選択
  4. 切り欠き加工実行
  5. 切り欠きされた材料だけが残る(他の材料は自動的に別フォルダに移動して非表示となる)
切り欠き手順

切り欠き手順

この方法を使えば『相欠き継ぎ』や『追い入れ継ぎ』などが自由自在に表現できます。

上げ底

追い入れ継ぎも表現可能

部品の結合

複数の部品を融合させて、一つの部品にすることができます。

部品の結合

部品の結合

結合の手順は簡単です。

  1. 結合したい材料を用意
  2. すべて選択(Shiftを押しながらすべてクリックするか、クリック&マウスドラッグで選択)
  3. 結合加工実行

この結合機能のちょっと変わった使い方としては、切り欠き用の型を結合してcaDIY世界の『ジグ(治具)』を作ってしまう方法があります。

結合手順

1x4をほぞ加工するためのジグ

結合と切り欠きを使った設計例

結合して作成したジグを使って切り欠き加工をすれば、ほぞ加工を組み込んだ設計をかんたんにすることができます。

ほぞ加工ジグの使い方

ほぞ加工ジグの使い方

あはは、なんかおもしろい~
はろ子
さくや
インベーダーみたいでしょw
そんな昔のことしらな~い
はろ子
さくや
(知ってんじゃん・・!)それはともかく、実際のほぞ加工もこれくらい簡単に正確にできるといいんだけどね

部品の切り抜き

こちらは切り欠きの逆で、重なり合う部分のみを残すという加工ができます。

切り抜き加工

切り抜き加工

この機能を使う機会はあまり多くは無いですが、『一部分だけ切り取る』のが切り欠きなのに対して、『一部分以外をすべて切り取る』のが切り抜きと考えれば使いどころもあるかもしれません。

斜め加工と丸め加工

それぞれの材料について、斜め加工と丸め加工が可能です。

斜め加工とは、材料の一辺を斜めの平面で切り落とす加工です。角度は任意に設定可能です。※マウスで動かしながら角度設定するか、角度の数値を入力

丸め加工は角を丸く面取りする加工で、糸のような面取りや円形への加工ができます。

斜め加工(上)と丸め加工(下)

斜め加工(上)と丸め加工(下)

ラブリコやディアウォールなど、各種パーツモデルを利用可能

インストールしただけで使える各種金具などのパーツに加えて、オンラインで追加すれば様々なパーツを使うことができます。ラブリコやディアウォール(っぽい)パーツもありますよ!

ラブリコとディアウォール(っぽい)パーツも

ラブリコとディアウォール(っぽい)パーツも

これは先端にくっついてるだけ?ちゃんとはまってるの?
はろ子
さくや
はまってるよ。2x4や1x4にスポッとはまってくれる。ただし、実際に買う木材の長さは各製品の説明書を見て計算したほうがいいだろうね

補足

上記のほかにも、次のような機能があります。

  • 複数部品を規則正しく並べるための整列機能
  • 重なってしまっている部品を自動検出する機能
  • 部品をフォルダに分けて、それぞれで色分けし、表示・非表示を切り替える機能
  • 寸法線、補助線、数値、部品名の表示機能
  • 部品をグループ化し、一括で編集する機能(移動やコピー&ペースト、サイズ変更など)
  • 公式サイトには、サンプルモデル集、パーツモデル集、みんなの投稿!!DIY作品集あり。LABRICO(ラブリコ)も部品として用意
  • 他の3Dモデラ・CAD製品とのデータ互換性

より詳しい使い方について知りたい場合は、こちらのリファレンスマニュアルを参照してみてください。

また、caDIY3Dはとても便利なソフトですが、細かい部分ではいくつか注意点があります。この記事の中でも紹介しましたが改めてまとめておきます。

  • 部品が地面にめり込まないように注意。めり込んでいる場合はいったん空中まで持ち上げて、地面に落とす
  • Snap機能が効いて思った位置に部品を動かせない場合は、Shiftキーを押しながら動かす(Snap機能無効化)
  • どこでSnapしているかは要注意。画面を拡大して、思った通りの位置でSnapしていることを確認する
  • 空中にある部品は思い通りにSnapできないことがある。困ったときはSnapしたい部品二つを地面に落としてからSnapし、二つまとめて持ち上げるとよい
  • 部品をコピー&ペーストすると重なって配置されるので注意。配置したらすぐに動かす。見失ったら『重なりを確認する』機能を使う
  • 部品のまとまりはグループ化すると便利。グループ解除はメニュー>編集>グループ解除

まとめ

caDIY3Dの特長をまとめると、以下の3点です。

  • 子供でも使えるくらい、操作がかんたん!
  • DIYに特化!ホームセンターとの相性も抜群!
  • 使い方次第では、ほぞ加工などの複雑な加工も思いのままにできる

手書きで設計した場合には何時間もかかるような場合でも、このソフトを使えばあっという間にできるようになります。ぜひ使ってみてください。

参考:caDIY3Dを使った作品の紹介

テーブルの上でクランプできるようになる小型作業台

小型作業台

小型作業台

作業台
テーブル上で使える作業台を自作しよう【予算720円、設計図&木取り図付き】

室内でDIY作業をするのであれば、作業をしやすくする作業台を自作してはいかがでしょうか。予算720円でかんたんに作成することができます。設計図・木取り図付きで説明しますので、ぜひ作ってみてください。

続きを見る

キャンプで大活躍!自作ランタンケース

ランタンケース

ランタンケース

木製ランタンケースを自作! ~設計図付きで詳しく紹介

キャンプにランタンを持っていくのであれば、専用ケースが必須です。この記事ではランタンケースの作り方を設計図付きで詳しく紹介します。この記事を参考に、ぜひ自分のランタンにぴったりのケースを作ってみてください。

続きを見る

高い精度で45度切りを可能にする『さくや式留め削り台』

さくや式留め削り台

さくや式留め削り台

45度で木材を切るには ~留め切り治具《角度調整可能》の作り方

木材を正確に45度に加工する方法をご紹介します。自分の手で留め切りを実現しようとする、飽くなき探求心を持つ方々のための記事です。

続きを見る

子供用学習机と本棚(3人分!)

子供用の机と本棚

子供用の机と本棚

完成!
子供用学習机と本棚(※3人分)をまとめてDIY! 《1.設計編(設計図付き)》

子供用の『学習机』『本棚』『収納』をそれぞれ買うのは大変。子供3人分ならなおさらです。場所もコストも節約したいのならDIYで作るのが一番!設計図付きで学習机と本棚の作り方を詳しく紹介します。

続きを見る

ダンベルラックを木組みで自作! ~予算1500円、2x4材だけで作ってみた

全体図(完成形)

ダンベルラック

ダンベルラックを自作
ダンベルラックを木組みで自作! ~予算1500円、2x4材だけで作ってみた

ダンベルの置き場所で困っていたので自作してみました。材料は2x4材のみ、予算1500円!トラス構造と木組みを利用しているので耐荷重性も抜群!ぜひチャレンジしてみてください。

続きを見る

さくやこのはでオリジナルキャラを作ってみませんか?

SNSやブログで使えるオリジナルキャラを作成します 小物・表情差分・文字入れ無料☆趣味や職業にあわせてデザイン可

さくやに設計図作成を依頼してみませんか?

DIY用の設計図と木取り図を作成します 賃貸住宅でもできる『静かなDIY』を応援します!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さくや

DIYと木工と刃物研ぎとキャンプが趣味のシステムエンジニア。賃貸住宅でもできるDIYをメインテーマに、DIY特化ブログを運営しています。 相方のこのはは記事作成の他にブログのイラストを担当。ココナラとスキルクラウドで出品もしています。ぜひご利用ください

-木工, 道具・治具

Copyright© さくやこのはのDIY , All Rights Reserved.