Zoom道場

第七回zoom道場レポート ~引き出し製作発表会

引き出しづくり発表会

2021年1月23日(土) 20:00~22:00に行われた『第七回Zoom道場』のレポートです。

参加者は下記の方々でした。(敬称略)
杉田、鳥井、村田、金内、ケイタ、さくや

今回のテーマは、参加者全員による課題製作発表会です。

これまでのZoom道場で学んだことすべてを活用して、全員が同じ課題作品を製作します。

といっても、杉田先生が提示したのはこの模式図のみ。

今回の製作課題

今回の製作課題

使用する材料、細かい寸法、道具と手順は提示されていません。各自が自分なりに考え、手に入る材料や道具に合わせて作り方を変える必要がありました。

それでも、参加それぞれが異なる問題に直面しながら、創意工夫して問題を解決し、課題製作をクリアすることができました!

半年の締めくくりに相応しい、とても充実した回だったと思います。

それでは、さっそく各自の発表を見ていきましょう。

宿題発表~引き出し作成~

ケイタ

最初に、溝の深さなどを計算して図面を描いてから取り組みました。

ケイタ引き出し設計図

ケイタ引き出し設計図

製作開始前に用意したもの

引き出し作成の準備として、カンナ削り台と深さストッパー、長めのガイドブロックを作りました。

事前に準備したもの

事前に準備したもの

カンナ削り台はさくやさんのブログを参考にして作っています。深さストッパーは、写真では長方形になっていますが、実際は刃の形に合わせて加工してから使いました。

さくや
おぉ~!参考にしてもらえてよかったです!

材料の用意

木材は以下の物を入手しました。

  • 15mmパイン集成材
  • 9mmシナ合板
  • 4mmベニヤ

ベニヤ合板以外はホームセンターでカットしてもらっています。その際、数mm大きめにカットしてもらうようにしました。

木材は数mm長めにカットしてもらいました

木材は数mm長めにカットしてもらいました

さくやメモ

『数mm大きめの寸法でカット』は、自分でカンナ等で削ってサイズを微調整することが前提となっています。

このようにすれば木材を正確に切り出すことができますが、もちろん、かかる手間も相応のものとなります。

天板と側板の加工

まずは天板の包み継ぎ加工をしました。包み継ぎはこれまで何回もしてきたので、きれいにできたと思います。

天板の包み継ぎはきれいにできた

天板の包み継ぎはきれいにできた

 

さくやメモ

そういえば、ケイタさんは前回(第六回Zoom道場)ドールハウスを作ったときに、かなりの回数の包み継ぎをされていました!

側板の溝加工も、長いガイドブロックを用意したおかげで難なく掘れました。

長いガイドブロックが活躍しました5

長いガイドブロックが活躍しました

ですが、途中でノコギリに貼り付けた両面テープがはがれることが何度かあり、溝の深さが一定ではなくなってしまいました。

若干溝の深さが違ってしまった

若干溝の深さが違ってしまった

鑿を使って溝を掘ったものの、距離の長い溝は鑿で加工するのが難しいと感じました。それでも大体同じくらいの深さで掘ることはできました。

鑿で均一に掘ることは難しかったです

鑿で均一に掘ることは難しかったです

とりい
私の場合、鑿で長い溝を掘るときは、あえて真ん中を窪ませるように仕上げるかな
両側から掘っていって、わずかに真ん中をV字に掘るといいんですよ

さくや

とりい
そうそう。両サイドがピッタリ加工できていれば良いのと、真ん中のくぼみ部分がボンドの逃げになるかなと思っています

両面テープは何を使う?

ここで気になったことですが、この作業のときに皆さんはどの両面テープを使っていますか?

両面テープの使い方を教えてほしい

両面テープの使い方を教えてほしい

自分が使っている両面テープはノコギリに貼ってしまうと剥がしにくいのですが、剥がしにくいからといってそのまま繰り返し使っていると、今度は粘着力が落ちてきてずれてしまうんですよね。

とりい
杉田先生は写真に写っている両面テープ使ってますよね?
これと同じものを使ってます。夏場なんかは貼ったままにするとこびりついてしまうので、使ったらすぐ剥がすようにはしています

すぎた先生

とりい
そうですね
あとは使う幅に合わせてテープ幅を10mm、15mm、20mmを使い分けているかな

すぎた先生

さくや
私も色々な100均両面テープを試した結果、セリアの両面テープを使うようになりましたよ

さくやメモ

私が愛用している両面テープはこちら。

テープ自体がしっかりしていて、はがすときに途中で切れることがなく、糊が残ることもありません。見かけたら使ってみてください。

はがしやすいセリアの両面テープ

はがしやすいセリアの両面テープ

側板背面の段欠き

次に、背板を入れるために側板背面を段欠きしました。

側板背面の段欠き

側板背面の段欠き

段欠きガイドを使うことできれいに加工できたと思ったのですが・・

ここで、切り欠く向きを間違えていたことに気づきました!

片側切り欠く向きを間違えてしまった

片側切り欠く向きを間違えてしまった

とりい
これは痛恨…!!
右の側板が上下逆なのか‥

さくや

そうなんですよ。しかもこれをやってしまったのが発表会の5日前だったんです。

やばい、時間が無いと思いました。

もう一度作り直すか、段欠き部分をすべて切り落としてから段欠きし直すか・・考えましたが、結局右側の板を作り直すことにしました。

とりい
えらい!

失敗したことに気づいたのが午前でしたが、その日の残り時間すべてをかけて右側の板を作り直すことができました。

すぎた先生
プロでもこういったミスをすることはあるので、予備の材料をあらかじめ用意しておくこともあるみたいですよ。

そのときは全部材の中で一番大きいものを用意しておくそうです。大きい材料であれば、他の材料の代わりにできますから

接着

外枠の加工が終わったので、接着です。

できれば自作クランプを作りたかったのですが、側板の失敗に時間をとられてしまったので、手持ちのコーナークランプを使って接着しました。

コーナークランプを使って接着

コーナークランプを使って接着

接着し終えたところ、追い入れ継ぎの溝部分に隙間ができてしまいました。

接着後隙間ができてしまった

接着後隙間ができてしまった

右側の板は焦って作りなおしたために、精度が落ちてしまったのではないかと思います。

引き出しの組み立て

次に、引き出しの側板を加工しました。外枠に合うように高さをカンナで削って調整します。

引き出しの側板をブロックプレーンで調整

引き出しの側板をブロックプレーンで調整

前板もカンナで調整し、包み継ぎの加工をしました。

引き出しの側板の溝加工ですが、アキュレットガイドを作る時間がなかったので、ガイドブロック二つを使って溝を掘りました。

側板はガイドブロックで溝加工

側板はガイドブロックで溝加工

こちらは溝の長さが短いので、きれいにできました。

引き出しの溝加工ができました

引き出しの溝加工ができました

引き出しの方は小さくてコーナークランプ4つは入らなかったので、ちょっと変わった格好で接着することになったのですが、ちゃんと形になりました。

引き出しの接着

引き出しの接着

底板は現物合わせで切り出してはめました。ところがここで前板に溝加工することをすっかり忘れていたことに気づきました。

前板に溝を掘り忘れてしまった

前板に溝を掘り忘れてしまった

ここまで来てしまったので、ここは仕方ないと諦めて作業を進めることにしました。

引き出しの調整

出来上がった引き出しを外枠に入れてみたのですが、全然入らなかったです。接着前は入っていたので、接着の際に歪んでしまったのかと思います。

カンナで調整したものの、かなり削ったのでシナ合板のシナ部分がなくなってしまいました。シナ合板の意味が無かったです・・

たくさん削って調整

たくさん削って調整

仕上げに、気になったすきま部分にボンドと木くずで作ったパテを埋めて隠しました。

ボンドと木くずで隙間を埋める

ボンドと木くずで隙間を埋める

パテみたいにして埋めました

パテみたいにして埋めました

最後に背板を取り付けたのですが、そのまま背板を取り付けると引き出しが奥の方に入ってしまうので、背板の背中にベニヤを貼り付けて少し押し出すような形にしました。

ベニヤを貼り付けて引き出しを押し出す

ベニヤを貼り付けて引き出しを押し出す

仕上げに出っ張っているところをカンナできれいにして完成です。

ケイタ引き出し完成

ケイタ引き出し完成

とりい
きれいに出来上がったじゃないですか!

仕上がったら思ったよりきれいにできました。

今回の感想はこのとおりです。

ケイタ反省点

ケイタ反省点

いくつか反省点はあるのですが、その中でも鑿で長い溝を掘るのは難しいと感じました。

自作クランプを用意してなかったので接着の時にゆがみが出てしまいましたが、おかげでカンナで削る量が増えたのでカンナの使い方が上達したと思います。

すぎた先生
立派ですよ。こういうのが作れたということは今後の自信につながるはずです
いろいろあっても、修正して完成までこぎつけたのはすごいなと思いました

とりい

さくや
というか、最初から二段に挑戦しているのがすごい
そうよ、そこよ!

とりい

使うことを考えたら二段あった方がよいかな、と思って挑戦しました!


ここから先は Zoom道場 参加者のための 限定公開記事 です。

Zoom道場に参加されていない方でも、ご購入いただくことで続きを読むことができます。購入希望の方はZoom道場レポート閲覧用パスワード購入希望ページからお申し込みください。

Zoom道場は新規参加者を随時募集しています。

ご興味のある方は杉田式ノコギリ木工同好会 関西、もしくは下記フォームにてお問い合わせください。

お問合せ

続きを読むにはパスワードを入力してください。


 

さくやこのはでオリジナルキャラを作ってみませんか?

SNSやブログで使えるオリジナルキャラを作成します 小物・表情差分・文字入れ無料☆趣味や職業にあわせてデザイン可

さくやに設計図作成を依頼してみませんか?

DIY用の設計図と木取り図を作成します 賃貸住宅でもできる『静かなDIY』を応援します!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

このは

イラストと初心者向けのDIY担当。ココナラとスキルクラウドにてイラスト作成依頼を受け付けています。ブログをイラストで盛り上げ中。編み物を含めた裁縫全般の記事も書いてます。競技かるたもやってますので、「さくやこのはな」の歌はとてもなじみ深いです。

-Zoom道場

Copyright© さくやこのはのDIY , All Rights Reserved.