Zoom道場

第五回zoom道場レポート ~追い入れ継ぎの溝の掘りかた

追い入れ継ぎの溝の掘り方

2020年11月28日(土) 20:00~22:00に行われた『第五回Zoom道場』のレポートです。

参加者は下記の方々でした。(敬称略)
杉田、鳥井、村田、金内、ケイタ、ichiro ota、さくや

今回のZoom道場のテーマは『追い入れ継ぎ用の溝の掘り方』です。

Zoom道場とは

Zoom道場とは、2020年7月~2021年6月にかけてZoomを利用して行われたオンライン木工塾です。

講師は『超画期的木工テクニック集』『杉田式ノコギリ木工のすべて』を執筆した杉田豊久氏で、講師の指導の下、課題に対して各自が一か月かけてチャレンジし、翌月にその結果を報告して講師の講評をいただくという形式で行われました。

ノコギリを使って、はめ込む板と正確に同じ幅の溝をノコギリを使って掘っていきます。

追い入れ継ぎのための溝堀り

追い入れ継ぎのための溝堀り

これができると、追い入れ継ぎによる棚作り引き出しの背板のはめ込みができるようになります。

引き出しの背板のはめこみ

引き出しの背板のはめこみ

追い入れ継ぎ用の溝を掘る方法としては三つあります。

  • ノコギリ&ブロック(簡易ジグ)を使う方法
  • トリマー&ブロック(簡易ジグ)を使う方法
  • ノコギリ&アキュレットガイド(専用ジグ)を使う方法

詳しいことは記事後半で紹介しますが、まずは前回の宿題『留め切りガイドによる留め継ぎ』の実践報告を参加者それぞれにしていただきました。

宿題発表~留め切りガイド作成とそれを使った作品~

金内

ソーガイドを使って45度を切り出して、留め切りガイドを作成しました。

金内留め切りガイド

金内留め切りガイド

これを使って試作品を4つほど作ってみたのですが、何度やってもこのような感じの隙間が空いてしまいました。

こんな感じの隙間ができる

こんな感じの隙間ができる

結局、留め切りガイドのフェンスの角度を調整しなければならないなと思い至ったところです。

ともかくフレームを作成しようということで、鉋で少しずつ削りながら形にしました。

カンナで調整

カンナで調整

すぎた先生
すごく綺麗にできてますね!

とりあえず角が決まったので、段欠きもして接着しました。

段欠きをしてクランプ

段欠きをしてクランプ

4か所接着剤を付けてクランプして完成しました。

金内完成品

金内完成品

すぎた先生
いいんじゃないですか

留め切りガイドはまだ調整中ですが、フェンスを1mm以下のレベルで動かしたりして調整をしたところ、ここまで合うようになりました。

ガイドはひきつづき調整中

ガイドはひきつづき調整中

なんとか、合わせたときに90度になるようにはなりました。

すぎた先生
ガイドの調整をするときに、フェンスを外す前にちょっとした厚紙を片側につけて調整するのもいいかと思います
貼りもので調整するのも手ですね

とりい
紙を挟んでの修正

紙を挟んでの修正

あと、クランプとT字ストッパーと材料を手で持っている段階でずれてしまったりとか、そういうミスが多かったです。だいぶ時間がかかってしまいました。

すぎた先生
そこのクランプは結構難しいんですよね

最終的には、T字ストッパーで位置決めした材料を小さめのクランプでまずガイドに固定して、それをワークベンチにクランプするという方法にしました。

すぎた先生
それもいいですね。前回紹介したハンドスクリュークランプも便利なので、将来的にはそれを使うことも考えてみていいと思いますよ
サンタさんへのお願い事がまたまた増えましたね

とりい

ハンドスクリュークランプの入手方法や使い方については前回のレポートを確認してみてください。


ここから先は Zoom道場 参加者のための 限定公開記事 です。

Zoom道場に参加されていない方でも、ご購入いただくことで続きを読むことができます。購入希望の方はZoom道場レポート閲覧用パスワード購入希望ページからお申し込みください。

Zoom道場は新規参加者を随時募集しています。

ご興味のある方は杉田式ノコギリ木工同好会 関西、もしくは下記フォームにてお問い合わせください。

お問合せ

続きを読むにはパスワードを入力してください。


 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さくや

DIYと木工と刃物研ぎとキャンプが趣味のシステムエンジニア。賃貸住宅のリビングでもできる『静かなDIY』をテーマにブログを運営しています。

-Zoom道場

Copyright© さくやこのはのDIY , All Rights Reserved.